ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三泊四日



息子が今朝、ボーイスカウトの舎営に出発しました。
息子がいるカブ隊は宿泊施設を利用しますが、ボーイ隊に上がると自分たちでテントを設営するようです。
合同の活動もあるようなのでそちらからの刺激ももらってくるのでしょう。

写真は前日準備で自宅で背負ったリュック姿ですが、はみ出すぎです(^^)
他にいつも使うハバザックというリュックもあります。
バス移動なので大きなリュックを背負って歩く距離はさほどないですが、前後に担いで張り切ってました。

こんなサイズのリュックがあるなんて知りませんでした。
両脇のファスナーを開けると更に容量アップする便利なつくりなので、帰りに少し膨らんでも大丈夫かも。

本人が荷造りと言うことで、手出しせず口だけだして見守りましたが、なかなかうまい具合に入れてました。
普段の引き出しはぐちゃぐちゃなのに、荷造りではキッチリできるのはやる気の差でしょうか?

洗濯ネットが程よく中身も見えて、いい小分け袋になり、キッチリのおかげでゆとりもあり一安心。
とはいえ、帰りもキッチリ畳んで入れるかは少し心配です。


息子はワクワクしすぎる自分を抑えようと、舎営まで残り一週間を切ると「あと一ヶ月ある(と思う)」「あと一週間ある(と思う)」と唱えるように呟き、昨日は「あと3日!」と言ってました。
去年あたりなら「明日は起きられるかな~!?」なんて大興奮していたところです。

穏やかにワクワクしながらも、今朝集合場所につくと緊張したのか挨拶もカチンコチンと固まって「そんなんで大丈夫?」と突っ込まれていました。

緊張した様子のままバスに乗り込み出発しましたが、道中気持ちがほぐれたら皆と楽しくやっていたかな、なんて思います。
順調にいっていれば、昼食すませて早速周辺散策から始まっているはずです。

思えばこれだけの期間、子供と離れるのは私も初めてです。
去年までならハラハラする気持ちが大きかったと思いますが、今年は楽しみな気持ちが大きいです。
でも学校行事だったら心配してたかも?
4日後の成長ぶりが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/13(木) 14:54:04|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学園祭

moblog_7e6f60f4.jpg

先日、父が仕事後に通っている学校の学園祭がありました。
この歳で学園祭!?と思いましたが、夜間だけの学校ではないし、基本的には若者が多数だということを忘れてました。

遊びがてら、ちょっとはお手伝いも、なんて顔を出しましたが、なかなか息子も頑張りました。

エプロンと三角巾つけて、お店のチラシを掲げて練り歩いての宣伝マン。
最初こそ恥ずかしがり、そそくさと通過するに終わりましたが、その後、軽く回って腹ごしらえし、父の手伝いなどしていたら、急にやる気を見せ「今度は一人で行ってくる!」とチラシを持って自ら宣伝しに行きました。

途中、私も物色ついでにこっそり様子を伺うと、躊躇っていた他の教室にも足を踏み入れ、しっかり声を出しての宣伝までしていました。
結構ビビりな面もあるのに、まあ凄い、と思っていたら、どうやら父が周りの人に「頑張ってるね。お小遣い奮発しないと!」なんて言われていたのが耳に入っていたようです(^^)

父には言ってませんでしたが、後々私にこっそり打ち明けてきました。
成程、楽しくなったのもあるけど、一番の原動力はそこか、と納得。
直接ねだるでもなく、でも思わず私に告げるあたり、思わずこちらがニヤニヤしてしまいました。

それがなくても、最近いろいろあったり、日頃のご褒美的なものも考えてもいたので、私からも今回をきっかけに「お父さんからのご褒美」をこっそり催促するつもりでしたが、いいタイミングになりました。

翌日、ちょうど壊れかけのオーブンレンジ買い替えに行くことになっていたので、そこでゲームソフトを買ってもらいました。
そんな話を父から聞いたときには「何故かほっぺたが下がらないんだよ~」と本当に嬉しそう。
思わずこちらも頬が緩み、子供の素直な表現っていいなとちょっと羨ましいくらいの気持ちになりました。
さすがに最新ソフトまでの奮発はできず、中古でマリオゴルフになりましたが、楽しみはサンタか誕生日と納得しているようで、予算内でじっくり吟味していました。

相変わらず家族で対戦も頭にあったようですが、帰ってよくよくみると、人数分のソフトが必要だったと判明。
でも僅かながらRPG要素も含まれているようで、そちらに気をとられ、ご機嫌に遊んでいます。
やはり一緒に遊ぶのも諦めきれないようで、交替で!と持ちかけてきます。
普通ならハマらないように気を回すところを、うちは弱視訓練の一環と飽きないようにさせるのが時々必要というのが、何だか妙な気分です(^^;

ここ最近、ちょっとストレス抱えていましたが、少し気分もはれたでしょうか。
子供もいろいろ大変だ、としみじみ思います。


ちなみに写真は革細工体験。
私がやる気で、息子はついでに、のつもりが、混みあっていたので結局息子だけ体験。
しかも大物ポーチ(金額は倍)をやりたいと。
周囲の人も居なくなり、一人黙々仕上げているところです。
最初こそポンチでなく自分の手をハンマーで打ち付けたりしてましたが、すぐにコツをつかみ私も手持ちぶさた。
途中からでも小物作りさせてもらえば良かったです。
シンプルですが作りごたえもあったようですし、なかなか素敵にしあがりました。
ちょうどDS入るくらいのサイズです。
今はとにかく使いたいようで、何故かウルトラマン入れたり、出かける時にブンブン独楽入れたり、とちょっと勿体ない使い方しています。
あなたのランドセルも革製品よ、どちらも大切に使ってね、と言ってみましたが、革の良さ、わかってくれるでしょうか。

ポンチとハンマーは100均で買ったもの、と言っていたので、家で少しやってみようかと思ってます。
慣れたらバッグ作りなどに活かせるかな♪
  1. 2014/10/20(月) 05:18:06|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平和の森公園 フィールドアスレチック

大田区の平和の森公園に行ってきました。
目的はアスレチック。
高校生以上は360円、小・中学生は100円と有料ですが、このあたりでこれだけのアスレチックを楽しめるならお手頃と思えます。
小2の子供と親、どちらも満足の遊び応えのあるアスレチックでした。

中に入ると男女別に更衣室があり、そこにロッカーがあります。
ロッカーはあまり大きくないので、大荷物は避けた方が無難ですが、使用料(100円)は返金されるので余程迷惑になるほど占有するのでなければ分割して入れてもいいかと思います。

入場の際、受付の方が「結構ハードだと思うので、荷物は極力持たない方がいいですよ」と丁寧に教えてくれました。
アスレチック終えた後も、外で清掃している人にお弁当を食べる場所をアドバイスしてもらった時も、とても気持ちのいい応対で、全般的に好印象の一日でした。

話は戻り、汗や泥汚れはもちろん、池のコースで濡れる可能性も高いので、まず最初に動きやすい服装に着替え、荷物は基本は持たないのがいいかと思います。

moblog_9ded05ff.jpg
最初の水モノは、向こう岸に行って帰る遊具です。(ここに来るまでに既に10以上の遊具あり)
子供は身軽に行けますが、大人は重さでバランス崩しやすく、濡れる危険度も高いようです。

moblog_87f1cc81.jpg
たらい×2、タイヤ×1。
やはりこちらも子供はバランスとりやすいようですが、大人は重さで・・・。
タイヤは危なっかしい印象強いようで避けられがちでしたが、結構器用に乗りこなしていました。
結局落ちて濡れてましたが、楽しくてわざと落ちてはしゃいでいたよう。

moblog_4ea06ded.jpg
板に乗って、手でロープを手繰りながら向こう岸へ行くというもの。
こちらもそれなりにクリアできそうなのに、「うわ~」と楽しそうに落ちていました。
真面目にやれば落ちずにいけると思います。
でも、大人はやはり重みで・・・(^^;

池をわたるところなどはやらずに通り過ごすことも可能ですが、ついついやってみたくなるものです。
やるとなったら程度の差はあれ、全く濡れずに済むことはないと思うので、着替えは勿論、替えの靴も持参するのが良いと思います。(裸足は禁止となってます)
落ちなくても足元はまず濡れます。

この時期、濡れたら寒いのではと心配しましたが、幸いにも薄曇りながらも汗ばむくらいの気温もあり、最後に着替えで済ませられました。
季節によったら池コースを堪能したら、途中で更衣室に戻り着替えて、以後は水モノは避けるのが得策かもしれません。

40のアスレチックがありますが、朝一番からスタートすれば、よほどの混雑がなければお昼前には回りきれると思います。
今回は、一巡して、更に幾つか気に入ったところを重点的にまた回り(主に水モノでした)それでも昼前に満足して着替えて終了となりました。
場内では飲食禁止、再入場不可なので、午前中または午後と区切りをつけて遊ぶのが良さそうです。
徐々に人も増え、待ち行列もできてきたので、午前中に絞るのなら朝一番に行くのがスムーズかなと思いました。

その後は大森ふるさとの浜辺公園でお弁当を食べ、そこにあったローラー滑り台や持参したフリスビーなどで遊びました。
もう少し足を伸ばせば浜辺もありますが、今回は芝生の場所でのんびり。
グローブなど持参してましたが、残念ながらキャッチボール禁止の札がありました。
軽くボール遊びしている人はそれなりにいましたが、ボール遊び禁止でなくキャッチボール限定と言うのは、柵の隙間から海に落ちてしまいがちだからなのでしょうか?
そのあたりの境目がよくわかりませんでしたが、他にもキックボードやブレイブボードなど持参で遊んでいる子も多くいました。
親としては、アスレチックの後に、芝生の上に敷き物敷いてのんびり昼寝が一番ですが、子供はまだまだ遊ぶ体力残っているようで、しばらくここで遊んで2時過ぎに帰りました。

写真はインパクトあった池のコースばかりですが、他のアスレチックもなかなか手応えあるもの多くて親子で楽しめます。
中には筒状ネットなど大人では身動き取れなさそうな物もありました。

moblog_dcbf8345.jpg
こちらは最後のアスレチック。
大人がやると一番下のロープに足をかけると地面についてしまいますが、なかなか普段しないバランスの取り方にいい運動したなと思いながら締めくくることが出来ました。

各遊具には区の歴史や史跡、地名にちなんだ名称がつけられているので、それもまた面白いです。
なお、未就学児童はここでは遊べませんが、隣に幼児用アスレチック場(遊具は6種類)があり、こちらは無料で楽しめるようです。

うちからはちょっと距離があるので頻繁にはいけませんが、また行ってみたいと思えるいい遊び場を見つけました♪
学校の代休の時など、ちょっとした時にまた行ってみようと思います。



平和の森公園フィールドアスレチック
入場時間:午前9時30分から午後3時(退場時間は午後4時30分)まで
休業日 :年末年始、毎週月曜日(祝日の場合は開場、翌平日休場)、その他にも足場が悪い時は休場の場合あり
入場料 :高校生以上360円、小中学生100円
アクセス:京浜急行平和島駅下車徒歩約10分
その他 :場内での飲食は禁止、再入場不可、裸足禁止、男女別更衣室あり、ロッカーあり(100円、使用後は返金)
  1. 2014/10/05(日) 03:34:08|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車かごカバー(傘リメイク)



格安で買った子供の傘。
お安いだけにあっという間に壊れても仕方がないとあきらめも早かったですが、それにしても生地自体は全く痛む間もなく綺麗な状態で勿体ない。

以前、買い物中の駐輪場でとあるご婦人が使っていた自転車かごカバーが何だか素敵とチラッとみて、「もしかして傘?」と気づいたことを思い出しました。

どうせ捨てるなら作ってみようと思いながらすっかり忘れていました。


母に頼まれた物を縫うついでに、勢いで縫ってみました。

傘から外して、穴があいた中心部を適当に縫い合わせ、周囲をぐるっと縫ってゴムを通すだけ。

子供用傘ですが、私の自転車の前かごでも後ろかごでも被せられます。
後ろは子乗せ椅子と兼用のかごなので高さがある(頭ガードはないです)分、すっぽり下まで完全にと言うわけには行きませんが、前かごなら写真のようにほぼすっぽり。
むしろゆとりある分、風が吹いたら膨らんでキノコ状になるかも。

試してみてあまりバフバフ邪魔になるようなら手直ししようと思います。

傘だけに多少の雨避けにはなるでしょうし、大きな荷物を積む機会が多いので、飛散防止に役立ちそうです。
  1. 2014/08/27(水) 11:10:06|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道帰省&観光~その2~




2日ほど帰省先でのんびりさせてもらい、その間に息子は念願の海での釣り体験。
ほとんどヒトデばかりでしたが、小さな魚一匹とシャコ一匹も釣り上げました。
最後の方になり、自分で餌つけも出来るようになり、良い体験させてもらいました。

後半戦はニセコ経由で新千歳空港を目指しました。

先ずは北竜町のひまわりの里で一面のひまわりと合鴨の餌やり。
餌やりは早くに到着し、おじさんが普通に餌やりしようとしたところに出くわし、好意でさせてもらいました。

その後、小樽で硝子やオルゴールを堪能。
硝子の茶器に魅せられました。

余市で夕食と朝食を調達し、ニセコキャンプ場に到着。
生憎の雨で車中で夕食済ませると早々に寝てしまいました。

翌朝はラフティング。
8kmほどを下りました。
この季節は穏やかだそうですが、数日前の雨の影響で良い具合に水かさもあり、程よく楽しめる流れになっていたようです。
穏やかなところでは川に入って漂い、ボート4段重ねした上から飛び込んだりと満喫しました。
息子はまたすぐにやりたいと言うほど気に入ったようです。
午後はジップラインというアクティビティを1時間堪能し、これまた大満足。
ジップラインはターザンロープの高さと距離があるといった感じのものです。
写真では中央やや左に白い点のようにしか見えていませんが、全容を写したら点すらわからないくらい。

夜は洞爺湖のホテルに泊まり、のんびり美味しいジンギスカンを頂き、夜は部屋から花火見物。
この時期は毎日花火が上がるそうです。
水面から花開くような花火は見ごたえありました。
移動しながら打ち上げて行くのですが、あわせて電飾された遊覧船も移動していき、それもまた楽しかったです。

今日は新千歳空港から帰宅予定。
私と息子は2週間近くの長い滞在となりました。
おかげで夏の北海道をかなり楽しむことができました。
それでもまだまだ知らない土地が多い北海道。
またの機会があれば是非また知らない北海道を旅してみたいです。
  1. 2014/08/09(土) 04:42:05|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。