ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今度こそ、雪遊び♪

20081231010203
20081231010200
ようやく雪遊びを堪能してくれた、たっくん。
しきりに雪玉を作っては『それ~!』と投げるを繰り返してました。
威勢のいい掛け声の割には足元に落ちてばかりでしたが。

ソリも楽しんでくれましたが、相変わらず私が父&子を引く、という構図になりがち…。
ソリの紐を腰に回して二人を引っ張り、何のトレーニングしてるんだ?と自分でも可笑しくなってきました。

やっと一緒に乗せてもらい父に引いてもらっていると、一瞬で『おりて』と乗車拒否され隣で伴走する羽目になりました。
せっかくだからと、ビデオ持って走りましたけど…。

だいぶ、おじいちゃんにも懐き、昨夜は膝に座ってました♪
でも、そのためにおじいちゃんは随分お菓子で釣ってました。
特別だよ、と目をつぶってますが、食事前後、食事中もやたらとチラつかせるのは正直困るのですが…。
まぁ、年に一度会えるかどうかだし、仕方ないか。
お菓子三昧に味をしめてしまいそうで、帰省が終わってからしばらくは手を焼きそうです。

ちなみに写真の飲み物、中身はお茶です。
ラベルの☆を見て、『クリスマスツリー、のみたい』を連呼し、こうなりました。
クリスマスの飾り付けをしてから、星を見れば『クリスマス』です。
クリスマスの意味、まだよくわかっていないんだろうなぁ。
来年はサンタの意味もちゃんとわかってるかな。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 23:59:05|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年初の雪遊び

20081229170256


北海道到着翌日、おじいちゃんに買ってもらったソリで早速雪遊び。
父ちゃんっ子のため、何故かソリを引く重労働は私の役目。
たっくんだけならまだしも、父ちゃんまで一緒はさすがにキツいです…。

最初こそ『しっぱつ、ごーごー♪』と乗り気だったたっくんも、すぐに愚図りだし、手袋も嫌がり身体を冷やすばかりなので、早々に撤収しました。

息が上がり、暑くなったのは私だけ…。


前日の長旅の疲れのせいか、今朝も寝坊したにもかかわらず、着替えも拒否してしばらく裸で泣いて転げ回ってましたし、どうも調子が出てないようです。

去年夏に帰省した時は、おじいちゃんにベッタリだったのに、今回は何かというと『とーちゃん、だっこ!』
それなりに『じーちゃん、ばーちゃん』と慕っていますが、まだしっかり抱っこしてもらうほどには気を許していません。
おじいちゃんもちょっと寂しそう。
なかなか会えないし、この帰省中に前のように甘えて遊んでもらって欲しいものです。
  1. 2008/12/29(月) 17:02:59|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2歳7ヶ月

最近のたっくん。

洗濯物を畳む(勿論、ぐちゃぐちゃ)

『○○みたい』と見立てて話す

『こーひー、すこし、のみたいなぁ』、『びー(ビール)、のみたいなぁ』などと大人の飲み物を欲しがる(でも本気で飲む気じゃない)

『おもい!、いっしょに!』と今までひとりで出来ていた玩具の片付けを手伝わせる

『あ~ん、して』とご飯を食べさせてと甘える

今まで寝付くまで絶対に布団を掛けさせてくれなかったのに、最近は『さみぃ!』と要求してくる。ついでに足を温めろと無言の蹴りで要求してくる。

粉薬をそのまま口に含み、水で飲む(水を飲む前にもぐもぐしてます…)

問い掛けると『え~っと』と斜め上を見上げて考える素振りをする


いろいろ言葉も増え、会話らしくなってきました。
そんな成長が見える反面、妙に甘える部分も増えました。

人見知りも増えた反面、何か興味あるものを見つけると、知らない人にも『これ、○○』と気づいてくれるまで言い続けます。

意志の疎通もだいぶ出来てるし、ぼちぼちオムツ外ししたいなぁ、と思いますが…。
このところの嫌々度がかなりのものなので、やはりもうしばらく先送りになりそうです。
  1. 2008/12/28(日) 14:40:30|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長い船旅

結局、4時間遅れの4時過ぎに出航し、到着も小樽港ではなく苫小牧港に変更。
夜9時頃の到着予定は翌朝(つまり今朝)5時到着となりました。
乗船時間は20時間が24時間に。

船内では横になっていればましでしたが、一度トイレに行ったらもうアウト。
酔いが一気に襲ってきて、以後は布団から動けませんでした。

たっくんは酔いもないようで一人元気。
申し訳なかったけれど、食事をとりに部屋を出ることもできず、朝ご飯にと買い込んだおにぎりで一日食いつないでもらいました。
私たち二人は食べるどころではなかったので、数も足りてある意味助かりました。

たっくんの時間潰しにと父がポータブルDVDプレーヤーを借りてくれていましたが、セッティングしてみせる余裕もなしでした。

もうすぐ苫小牧港に到着。
お義父さんが迎えに来てくれています。
私たちはともかく、たっくんは元気におじいちゃん、おばあちゃんとの対面を果たせそうです。
  1. 2008/12/28(日) 04:54:06|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4時間遅れ

舞鶴港についたものの、現時点で出航予定時刻は4時間遅れの4時半頃…。
たっくんは行きの電車で軽く寝ただけですが、パンやら煎餅やら食べまくり、今はターミナル内を歩き回ってます。
フェリーで寝てくれればいいか…。
  1. 2008/12/27(土) 01:01:54|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よいお年を

いよいよ今夜、たっくん初フェリーで北海道へ向けて出発。
でも、天候は生憎のシケ模様・・・。

多少なりとも改善するのであれば一日遅らせても、と問い合わせてみました。
が、むしろ明日の方がいつ出航になるかもわからず大変かもしれない、とのことで、そのままの予定で出発することにしました。
残りの荷物を詰めながらも、不安はぬぐいきれません。
とはいえ、本当に無理な天候なら出航すらしないのだろうし、ここは開き直っていくしかないのか・・・。

既に出航時間の遅れは明らかなようなので、今夜は終電で行っても充分間に合うようです。
ある意味、時間にゆとりは出来ました。
その分、気持ちのゆとりは減りました

たっくんは何も知らずに昼寝しています。
大丈夫かなぁ・・・。
たっくん未知数として、酔いが一番心配なのは父ですが、私も乗り物ははっきり言って弱い方。
何とか、そこそこの酔い(←もう酔うの前提)すみますように。


携帯でボチボチ更新するかもしれませんが、コメントまでは出来ないかもしれません。
ご了承ください



では、ちょっと早いですが、皆様よいお年を
  1. 2008/12/26(金) 13:35:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年末年始

年末年始は、父の実家・北海道へ帰省します。
そして、たっくんは北海道は二度目にして、初のフェリー利用になります

ちなみに初の北海道帰省は飛行機でした。
機内では愚図りっぱなしで、空きスペースで他の乗客の視線を感じつつ立って抱っこ。
恥ずかしいわ、疲れるわで散散でした。
そんなこともあって、船酔い帝王の父も思い切ってフェリー帰省を提案したのだとは思いますが・・・。

行きも帰りも出発は日付が替わる頃、到着は夜の9時前後の20時間の船旅です。
北海道ではお義父さんが車で迎えに来てくれるので、車の乗船もなく、お財布的にも助かります。

海が大荒れさえなければ、スペースはあるし、一応狭いながらも和室の個室を取ってあるし、たっくんも自由に動けて、昼寝もきちんと出来る、という辺りはメリットです。
でも、気分が悪くなっても、体調崩れても、途中下船は出来ないので少々不安。
自分たちだけならどうでもいいんですが、やはり子連れだとこの辺りは気になります。

20時間も海の上でいろいろ不安もありますが、それなりに楽しみでもあります。
どうか天候が良くなりますように・・・


そんな出発目前に控えて、たっくんの下痢は治まりつつあるもののまだ軽く続いています。
ついでに、鼻水と咳も少々。
いつもなら心配ない程度ですが、長い船旅も控えているし、受診してきました。

本当は私の内科の予約があっていった市民病院でしたが、チラッと覗くと予想外に小児科はガラガラ。
聞いてみても、私の予約時間間近でしたが、それより早く診察できるとのこと。
サクッと診てもらいました。
咳・鼻・たんの薬と整腸剤、それに下痢でただれたお尻に塗る薬を教えてもらい、船旅に備えて吐き気止めの座薬(3歳以下の子供向けの酔い止めはないので)ももらってきました。

ちなみに塗り薬は手持ちが何種類もたまっていたので、これ以上もらってきても仕方ないと持参し、どれがいいかを教えてもらいました。
先生も「こんなに?」とちょっとあきれ気味でしたが、受診のたびに何を持っているかなんて覚えてもいないので、ついつい新たにもらって増えてしまいました。
メモして持っていればいいことなんでしょうが、今回は間に合わず持ち込みでした

市民病院の小児科は初受診でしたが、2組ほど待っただけですぐ診てもらえました。
きっといつもはこんなことはないのでしょうが、クリスマスだけに空いていたのかな。
内科を終えてから、いつも行く小児科に行こうかと思ってましたが、私の受診の待ち時間をちょうど潰して診てもらえてラッキーでした♪
  1. 2008/12/25(木) 14:14:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気をひくグッズ

この年頃の子供にはありがちかもしれませんが、たっくん、いろいろなことにオン・オフの時期がやってきます。

お風呂が好きな時期・嫌いな時期。
食事が・・・。
着替えが・・・。
歯磨きが・・・。
その他、モロモロ。

それが、12月に入ってからはすべてのことが一気に嫌々期。
先日の下痢・嘔吐騒ぎもあり、体調のせいも多少なりともあったのかもしれませんが、一気に到来するとこっちも疲れます。

一つずつ解決、と思い、とりあえずお風呂対策に新たなグッズを導入しました。

「うっかり ペネロペ バストイ」です。


最近、お気に入りの「うっかりペネロペ」。
リサとガスパールなら、知ってる人も多いかも。
同じ作者によるコアラの女の子です。
実は絵と文それぞれを夫婦が担当する合作というのは今回初めて知りました。
「ペネロペ・ティタンレール」のテタンレール(=tête en l'air)がうっかりという意味だということも。


実は去年のクリスマスプレゼントで絵本は持っていたのですが、食いついたのは最近のNHK教育番組のアニメ。
何か観たくなると8割は『ペネロペ~!!』と叫んでます。

男の子にしてはちょっと可愛い系か?と思いましたが、もうお風呂に入ってくれるんだったら何でもいい、と藁にもすがる思いで購入。
相変わらず身体や頭を洗う間は『だっこ~』とベソかいてましたが、湯船に入ったとたん、スッと笑顔になり、ペネロペで遊んでました。

このバストイ、そのままでも浮きますが、ご丁寧に小さな浮き輪もついてます。
たっくんの手のひらにもすっぽり収まるくらいで可愛いです。
『プカプカ』言いながら浮かべたり、ワニを泳がせたり、さらにはワニに乗ろうとしたりと楽しそう♪
仕舞いには、その小さな浮き輪に自分が乗ろうとしてました。

今回はお風呂に入るまでは泣いてましたが、明日からペネロペ効果でスンナリいくといいのですが・・・。
ちなみに、いつもは泣くくらいではなく、ひっくり返って断固拒否で、最悪お風呂に入れることが出来ません。
今日は父が居なくて逆に甘えがなかったのかも。
ある意味、原因はそこなのか・・・。


ちなみに、つられて一緒に買ってしまったカスタネット。


これまたタイミングよくテレビでカスタネットを使った歌(←ペネロペは関係なし)をやっていて、それを観ながら『カタカタ♪』とこれまた嬉しそうに鳴らして遊んでいました。
ついでに、以前アンパンマンミュージアムの入場券についてきたおまけのアンパンマンカスタネットも使って、両手で遊んでました。
予定外に玩具をまた増やしてしまいましたが、クリスマスだし、と勝手に思い込んで納得してます。


そうそう、たっくんの下痢・嘔吐はだいぶ落ち着いて一安心。
私もまだパワー不足は感じるものの、ほぼ復活しました。
ご心配くださった方々、ありがとうございました。
食欲も本当に少しずつですが、一応回復傾向。
実際、身体も動かし足りないし、徐々に慣らしていきたいと思います。
  1. 2008/12/23(火) 01:41:44|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クリスマスは鬼門?

クリスマス  プレゼント

今年のクリスマスは父は仕事で不在。
週末も友人の結婚式でやっぱり不在。
ということで、かなり前倒しですが、今日が我が家のクリスマスになりました。

ちょっとバタバタしていたので、味気ないディナーになりましたが、一応サンタと雪だるまのつもりのおにぎりで雰囲気でたかな・・・。
あとはチキンもありましたが、またしてもちょっと薄味で、次に期待、との感想をもらいました。

そして、たっくんへのプレゼントは「はたらくくるまセット」。
最近のたっくんのお気に入りは作業車か電車。
いろいろ探していましたが、なかなかちょうどよいものが見つからず、特に探すつもりもなかった場所でふと目にして、買ったもの。
7台セットでなかなかお得でした♪

今日はちょっとご機嫌悪く、ご飯も食べず、プレゼントにも興味なしでしたが、しばらくしたら喜んで遊んでくれました。
私も自分に息子がいなければ、興味も持たなかったんだろうに、なんだか最近この手の車が気になって仕方ありません。
我が子に洗脳されてます


そんな一足早いクリスマスを迎えたわけですが、実は今日はちょっと大変な一日でした。

このところ、たっくんは全てのことに嫌々で2歳児特有の現象か、と半分諦め気分でした。
食事も最近ほとんど拒否で、お腹が空けば食べるだろう、なんて、あまり無理に食べさせずにいたところ、今日のお昼ご飯の時に、物凄い音とともに、久しぶりにオムツから溢れんばかりの下痢。
嫌々期もあったかもしれないけれど、お腹の調子が良くなかったようです。

とりあえず、熱もないし、そこまで機嫌が悪いわけでもなかったので、お昼寝させました。
昼寝のあとはやはりおやつに興味も示さず、しばらくすると嘔吐。
さすがに病院へ行きましたが、直前に車の中でまた嘔吐。

でも、下痢とはいえおかしな便でもなく、機嫌もそこそこなので、お腹を壊しているだけでしょうとのことで、整腸剤と念のために吐き気止めの座薬をもらって帰りました。
今は食べても出してしまうだけだから、無理に食べさせることもないし、水分も少しずつ、とのこと。

食べ物は欲しがらずお茶をほしがるので飲ませたら、その直後にまた吐いてしまい、その後も数回戻すので、座薬を使いました。
これで落ち着いてくれるといいのですが。

親子3人、汚れまくったので、夜に洗濯三昧。
明日も病院へ行くかもしれないので、チャイルドシートのカバーも洗ってすぐに乾かし、先ほど取り付けてきました。

念のため、布団には防水シーツを重ね、タオルと洗面器をスタンバイ。
座薬が効いたのか今のところ吐き気の方は大丈夫そうですが、寝返り打つときにお腹はコポコポ音を立ててます。
今夜は落ち着かない夜になりそうです。


というわけで、クリスマスでしたがたっくんは一口も食べず、プレゼントにもちょっと遅れて反応という、微妙なイベントで終わりました。
そういえば、去年は旅行を企画していたけれど、熱を出して中止にしてました。
たっくんにはクリスマスは鬼門なのかな
  1. 2008/12/18(木) 23:33:02|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

痛みの表現

ある日、たっくんが昼寝から目覚めた時のこと。
珍しく大泣きで飛びついてきました。

しばらくすると『いてぇ、うで、いてぇ』としきりに左腕をさすりだし、相変わらず泣き止みません。
全く動かさないわけではないけれど、だらんと下げていること多いし、心配になってきました。

そういえば、この日の昼間、お友達と買物先の店内にあったボールハウスで、ジャンプして飛び込んだりとダイナミックに遊んでました。
まさかその時に・・・?と思うものの、その後しばらく時間があったのにちっとも痛そうなそぶりもなかったし。
おかしいなぁ、いつ痛めたんだ?と思いながら、念のため整形外科はどこがいいだろうと探し始めました。

でも、しばらくしたらおやつに食いついたし、「バンザイして?グーパーして?」と動きをチェックすると、それなりに動かせるようになっています。
さらに念のためにと数回チェックしていたら、『だいじょーぶ』と軽く逆切れされました

たぶん、寝相が悪くて腕がしびれたんではないかと思われます。
しびれた、という感覚を伝えるには、まだ言葉も足りなかったんだと思いますが、それを思いつくまではどこをどう傷めたのかとハラハラしました。
「痛い」以外の表現をしてくれたら、もう少しヒントになったのですが。


ちなみに、忘れてましたがこの日は土曜日。
しかも夕方。
どっちにしろ病院へ行くなら救急に駆け込むしかなかったので、病院探しも意味なかったというオチ。

なんにせよ、問題なしでホッとしました。


それにしても、最近「いたい」が『いてぇ』、「どいて」は『どけ』、「おきて」を『おきろ』というようになりました。
男の子だし、いずれは乱暴な口調もあるんだろうなぁ、とは思っていたけれど、まだちょっと受け入れがたいです。
今のところ注意するとそのたびに言い直してはくれますが、次に言う時はまた戻っているし・・・。
男兄弟が居なかったので、このくらい普通なのか良くわかりませんが、やっぱり馴染めません。
何とか戻ってほしいなぁ。
  1. 2008/12/16(火) 22:12:08|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

がんばって

ここしばらく、午前中からたっくんを外に連れ出し、お昼ご飯も外、お昼寝は車で、その後買物しておやつ時に帰る、というパターンを繰り返してました。
というのも、父がインフルエンザにかかってしまったため。
極力接触を避けて、家を出るようにしていました。

前の週が泊り込みの当直勤務だったのですが、忙しかったのと、医務室という場所柄、インフルエンザ患者がよく来ていたので、さすがにもらってきてしまったようです。
去年まで、よくもらってこなかった、ともいえますが・・・。


発覚後すぐに部屋は隔離、食事も別。(どちらにせよ、しばらくまともに食べれませんでしたが)
徹底して離していたので、たっくんも、しばらくは家に大好き父ちゃんがいるとは気づかないくらいでした。

予防接種を受けていたおかげか、すぐにタミフルを処方してもらったおかげか、ピークは1~2日程度ですみ、徐々に食欲も戻り、仕事を休んだのは3日で済みました。
私とたっくんも予防接種のおかげか、できるだけ接触しないですごしたおかげか、うつることもなく無事に乗り切れました。

それにしても、インフルエンザで苦しんでいるのに、それを置いて出かける妻、というのも気がひけましたが・・・。
とはいえ、ピーク時は食べ物も飲み物も身体が受け付けず、気合でゼリー飲料(アミノバ○タル)を飲んで薬を飲み、ひたすら寝るしかなかった、とう状況だったので、仕方ないかな。
後半は、簡単に栄養が取れるもの、ということで鍋を作って出かけてました。

復帰後は、夜の宴会に出るほどの復活振りなのでもう心配ないでしょう。


その間の父ちゃんっ子・たっくんの行動。

当初は父の存在に気づかないたっくんでしたが、さすがに一日経つとそこに父ちゃんがいる!とわかって、『とうちゃん、ここ、ねんね』と閉ざした襖を指差してました。
でも、気配で察知したのかあまり行こうとはしなかったので助かりました。(あまり、なので、何度か襲撃してます)

少し回復してきたら、父ちゃんに手をつないでもらい、よじ登って遊んでもらいたがってましたが、まだ頭が痛いと断られ、『がんばって!』と檄を飛ばす。
病人相手に無茶言うなと、思わず笑っちゃいました。

夜になれば、いつも寝ている隣の布団を叩いて『とうちゃん、いっしょ、ねんね~!!』と一泣きしてから寝入る。
「とうちゃん、今頑張ってるから、たっくんももう少し頑張ろうね」というしかなく、その声も届いていたのかどうか・・・。

復活して仕事やその後の宴会に父が出かけて行くとき、『とうちゃん、いかないでぇ~え!!』と大号泣。
玄関先でひっくり返り、後ろ髪を引かれながら出かけていきました。
ここまでされたら、そりゃぁ可愛く思えるんだろうなぁ、と思いながら、私が病気になったらここまですがってくれるのかしら、と考えてしまいました。

週末は久しぶりにたっぷり遊んでもらえるのではないでしょうか。
  1. 2008/12/13(土) 05:41:21|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬季限定サークル

先週から児童センターをお借りして始まった冬季限定サークル。
冬場の外遊びはなかなか寒さでくじけるので、室内で遊べるのは有難いです。

今日はいつもお借りしている2階の和室が会議で使用中とのことで、1階の図書室と体育館を貸してもらいました。

図書室はちょっとこじんまりしてますが、今日は5組10名の比較的少なめの人数だったので、ゆったり過ごせました。
時々、体育館になだれ込んではボールで遊んだり、ボールの入っていた籠で電車ごっこをしたり、と子供たちは楽しそう♪

体育館では若干寒いというのが難点ですが、走り回る子供たちはあまり気にならないようでした。
実際、付き合わされてしばらくバスケットゴールにボールを入れ続けていた時は、軽く汗ばむくらい。
こうやって一緒に走り回れば暖かいなぁ、と思いつつ、ついのんびりしたくなります。

今月は来週でおしまいですが、年明けは15日から開始予定です。
告知、告知。


そして、今日もサークルの後は、お友達と合流してジャスコのフードコートでお弁当を食べて、一遊び。
さすがに連日お昼寝ドライブも可哀想なので、今日は家に戻ってお布団でお昼寝してもらいました。
ちょっと遅めの時間になってしまったけれど、ゆっくり寝られるかな。
  1. 2008/12/11(木) 16:18:58|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三輪車

三輪車

久しぶりのぽかぽか陽気につられ、お友達と丹波おばあちゃんの里で遊んできました。

たっくんは今まで三輪車に乗っても足で蹴って進むばかりで、なかなか自分で漕ごうとしませんでした。
が、今日はお友達が上手に漕いでいるのを見て刺激を受けたらしく、急に漕げるようになりました

その後も三輪車を乗り回し、遊具で遊び、お弁当・おやつを食べて、たっぷり遊び、お友達と別れた後は昨日に続いてお昼寝ドライブ。

ちなみに、天気は良かったものの、足場はぬかるみが多く、ズボンはかつてないくらいのドロドロ汚れ。
このところ、着替えを持っていないことが多かったのですが、今日は積んでおいて助かりました。
家に帰ってズボンを手洗いすると、何度水を替えても濁りが消えないほど泥が染み込んでました。
この時期にこんなことするとは・・・。

でも、久しぶりに外でたっぷり遊べて、たっくんも楽しそうでしたし、上着も不要なぽかぽか陽気の中、親ものんびり見物できたし、いい一日になりました。
  1. 2008/12/10(水) 23:04:07|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

作って遊ぼう

作って遊ぼう  おやつ休憩  完成品

今日は約1ヶ月半ぶりに行った子育て支援センターで、クリスマスツリーと長靴の飾りを作らせてもらいました♪

ツリーの形に切り抜いた発泡スチロールに可愛らしい布を貼り付けた物と飾り付けのリボンや星などが予め用意されており、後はボンドで貼り付けるだけという至れり尽くせりなもので、主に親担当。

長靴は色画用紙で作ってあり、子供たちが自由にお絵描き。
ついでに、ツリー作りで余っていた飾りも貼り付けさせてもらいました。

じっくり見たら恥ずかしいですが、なかなか可愛い物を楽しく作ることができて、感謝です。

たっくんはある程度作り終えるとアッサリ興味を失い、あちこち歩き回り、後半はほとんど別室で玩具で遊んでいました。
おやつの時だけチャッカリ戻ってきてましたが

最後の読み聞かせも聴いてもらいたかったけれど、ご機嫌損ねてひっくり返って泣いてました。
前回は結構聴いてくれていたのになぁ・・・。

帰りは願い事を書いてくださいね、と長靴に入れるカードも一緒にもらって帰ってきました。


車で30分ほどでちょっと離れていますが、ここのセンターの行事はいつも楽しみです。
今日は行きの車では『こうよう、きれいね~』とか『○○(お友達の名前)ちゃん、かわいいね。たっくん、かわいいね。いっしょ~!!』と面白発言で楽しませてもらいました。
帰りはセンターでお弁当を食べ終えた後ということもあり、爆睡。

小一時間ほどお昼寝ドライブし、買物して帰りました。
ちょと寝たりなかったのか、ご機嫌よくなく、片手で抱っこ、片手でカートで少々大変でしたが、タイムセールで卵もゲット。
いっそ自分でカートを押してくれ、とも思いましたが、暴走されるよりは良かったのかな。
でも、その後しばらく手が震えてました
  1. 2008/12/09(火) 23:59:56|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10年日記



10年日記というのをつけています。
一日数行程度の本当に簡単な記録だけですが、これが結構楽しいです。

実は、この日記を買ったのはたっくん2歳になる少し前。
その日からでも良かったんですが、折角なのでたっくん誕生の日からつけることにしました。
たっくん誕生から1年間つけていた育児日記やこのブログの記録などを、空いた時間に少しずつ書き写し、空白の日もあるものの約2年半の記録が記されました。

たまに数日分続けて記入したり、忘れる日もありますが、何とか続いています。
1年前、2年前の同じ日にどんなことをしていたか、比べながら書き込んでいくのはなかなか楽しいです♪

1年目にあたる部分は育児日記丸写しなのでたっくんのことばかりですが、2年前の今日、寝返りした、立ち上がった、歩いた、など、思い返すとジンワリとまた軽く感動を味わえて、その日はなんだか得した気分になります。
ほんのちょっとしたエピソードなんかも読み返すと楽しいです。

たっくんも大きくなったら自分で書いてみてほしい、なんて思います。
私の子供時代と思うとなかなか続かないかな、と予想されますが・・・。
1年続けばきっと2年目からは楽しさも味わえると思いますがどうでしょう。
でも、まだまだ当分先の話ですね。
  1. 2008/12/07(日) 23:29:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

絵描き歌

最近、なにやら歌を口ずさんでいることが多いたっくん。
でも、ちゃんとわかるのは「さんぽ」の歌くらい。
何度も観ているトトロの影響で、だいぶ歌詞を覚えたようです。

気分が良くなると、『あ・る・こ~♪』と歌いながら歩いてます。
オープニングのめいちゃんを真似してるようで、足を前に前にと振り上げながら。
まだまだ言葉がたどたどしいところがたまりません♪
お友達と一緒に手をつなぎながらだと、なおのこと。


そして、いまブームなのが「キモッチえかきうた」。
歌詞を知ってて聞いていても微妙なんですが・・・。
例えば「たおれるぞ」というフレーズがありますが、『たーりーしゃん』。
最初はここばかり言うのでサッパリわかりませんでした。
『たーりーしゃん』じゃ、ちょっと、ねぇ・・・。

一生懸命歌いながらキモッチを描こうとしています。
歌と同じく絵も全くわからないけれど、一応本人はキモッチを描いているようです。

これを歌いだすと、余裕で十回くらいは描かされます。
自分で描いて満足してくれればいいんですが、普通のお絵描きしていても描いてという指示を出すほうが多くて、つき合わされます。

折角なのでちゃんと覚えられるように「キモッチえかきうた」のある回を録画しました。
間に合って良かった


※キモッチはNHK教育番組「わたしのきもち」に出てくる紙コップのキャラクターです。
  1. 2008/12/05(金) 12:52:39|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気配り

11月の帰省から戻って結構経つのに、たっくんか私が微妙に風邪を引いていることが多く、なかなか外に出かけたり、お友達と遊ぶ機会がもてません。
若干引きこもり生活が続いています。

ということで、どうせ家にいるならと重い腰を上げて、伸ばし伸ばしにしていた冬支度をしてみました。

炬燵を出す。
加湿器を出す。
冬物入れ替え(←少しはやってたんですが・・・。)

たいしたことはしてないですが、炬燵が出ただけで急に冬という気分になってきました。


そして、午後は電気屋に買物。
たっくんは店の一角にあるキッズスペースで、一人貸切状態で伸び伸び遊び、でんぐり返しまでして楽しんでました。
買物を済ませた後、なかなか帰りたがらなかったものの、一緒にお片づけしよう、と声をかければ『かっくんがやる!』と一人でやってくれました。
ちゃんと分別して、最後は玩具の車に乗って車庫入れ。

これで帰れる、と思ったら、今度は目の前の冷蔵庫に食いつきました。
『デザート!』と冷蔵庫の扉を開けようとするものの、なかなか開けられず、しまいには切れそうに・・・。
いっそ見せれば納得するだろうと、「ほら、空っぽでしょ~?」とあけて見せたら、予想外にいろいろ入ってました。

そういえば、展示用にダミーの食材が入ってること多いなぁ、とそれを見てから思い出しました。
その時はたまたま冷凍食材でデザートらしくもなかったので、うまく誤魔化し、勢いで店を出ることができました。
が、チラッと見た隣の冷蔵庫には美味しそうなジュースのペットボトル(勿論ダミー)。
こっちを見せなくて良かった


その後のホームセンターでは、重い荷物を一人で全部持ちたがり店内で立ち往生。
でも、重さで動けないのをいいことに、そのままたっくんが荷物と格闘している間に、買い忘れたものを探しにその場を離れました。
ちょっと陳列台の影にはなったけれど、ホンの少しの距離。

でも、戻ってみると気を利かせてくれた店員さんが、カートに荷物を載せて、たっくんに与えてくれてました・・・。
すぐに戻ったので大丈夫でしたが、もうちょっとしたら暴走マシーンになっていなかったかとヒヤヒヤ。
離れたのは私なので勝手ですが、そのまま荷物と格闘させてもらった方が良かったのに


どちらのお店でも普通にサービス提供しているだけだったんですが、2歳児の母にはちょっとヤメテと思ってしまう出来事でした
  1. 2008/12/02(火) 23:00:27|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

インフルエンザ2回目&眼科

午前中、小児科と眼科をハシゴしてきました。

小児科はたっくんのインフルエンザ2回目。
今回は泣くこともなくアッサリ終了。

そして、この数日、たっくんの目ヤニが気になっていたので、その足で今度は市民病院の眼科へ。
風邪のせいだと思うので、そのまま様子を見ていても良かったのですが・・・。
ちなみに風邪は少し咳と鼻水がでているかな、という程度であまり心配はありません。


実はたっくん生後1~2ヶ月の頃に涙腺が詰まって眼科で針金を通す処置をしてもらったことがあります。
暴れないように首から下を毛布でグルグル巻きにされ、看護師さんに馬乗りで押さえ込まれ、頭の上から先生が覆いかぶさり目頭に針金を刺される、という姿は見ていたこっちも泣きたくなる光景でした。

涙腺が詰まることは小さな子には良くあるようで、軽いものなら目薬で済むもの。
たっくんの場合はなかなかつまりがとれず、このプジーという針金を通す処置をしましたが、むしろ記憶に残らないこの時期にできて良かったです。
物心ついてからこんなことされたら、トラウマ確実。


と、話が長くなりましたが、こういう体験があったので、目ヤニを見ていたらそんなことにならないか、と妙に不安になって眼科へ行ったというわけです。
予想通り、「風邪で詰まりやすくなってるだけだから、そのままでもすぐ治ると思いますよ」と明るく言っていただきました。
一応、目薬も処方してもらいましたが、なくてもいいくらいのもの。
でも、「この後、詰まって腫れたりすることが絶対ないともいえませんが、たぶん大丈夫ですよ」なんて軽くでも言われると、またちょっと不安に駆られたりしています。

結局、トラウマ残っていたのは私の方かも


市民病院を出た後、たっくんは『こうよう~♪』と叫んで地面に落ちた紅葉を拾い、病院脇の庭を一人ご機嫌に散策。
数本ですが、赤く色づいた紅葉があり、それを見て『こうよう、きれいね~』などと言って嬉しそうでした。
先日の京都紅葉見物以来、紅葉に興味を持っていて、外でも家で写真やテレビに写っていても『こうよう!これいった!』と言っています。
こんな風に興味を持ってくれると、なんだかとても嬉しい気持ちになります。
  1. 2008/12/01(月) 13:19:02|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。