ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麒麟段

最近、咳がとまらない母とたっくん。
二人それぞれ薬を処方してもらい、そのせいか夜は早くにグッスリ。
私に至っては子供ほったらかしで昼間から寝てしまうことも・・・。
歳のせいなのか、このところ薬を飲むと眠気に勝てません

今日もたっくんは夕食後にテレビをみてぼ~っとしているな、と思ったら、船を漕ぎ始め、慌てて着替えさせると早々に寝てしまいました。
父は当直でいないし、なんだか一人でポツン。
撮りだめしていたドラマなどみながら、「麒麟段」というものを作りました。

アキ工作社が開発したd-torso という立体造形システムによって作られたダンボール・キットです。
麒麟以外の動物は勿論、ディズニーキャラクターなどもあるようです。

私の母が旅行先で見つけて、私が好きそう、とお土産に買ってきてくれました。
さすが母親、好みをわかってます。

すぐに作ってみたかったのですが、結構細かいパーツも多く、なかなかゆっくり手をつける時間がとれずにいましたが、何ヶ月かぶりにようやく封印をときました。


パッケージを開けると、黄色い段ボールが3枚。
細かいパーツなど外すときにつぶれてしまうのでは、と心配しましたが、思ったより外しやすいです。
でも、似たような形が多いので、一つずつ外しては組み立てていかないと間違えてしまいそう。

麒麟段 1


まず首より上を作りました。
キチンとかみ合ってだんだん立体的になっていくのはなかなか楽しいです。

麒麟段 2


さらに胴体、足とつけていくのですが、こんな風に組み合わさるんだ、と感心させられます。
出来上がりはこんな感じ。

麒麟段 3


思ったほど時間もかからず出来ました。
パーツの順番さえ間違えないように気をつければ、さほど難しくないかと思います。
段ボールとはいえ、しっかり組み合わさって、よほど乱暴に扱わなければ壊れることもなさそう。
他のものも作ってみたくなりました♪


スポンサーサイト
  1. 2010/04/25(日) 19:17:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

園生活二週目

園生活、最初の一週間がなんとか終わり、疲れがでたのか、寒さがこたえたのか、たっくん咳と鼻が出てしまい、週末は微熱もありました。
でも、そんなこと感じさせないテンションで、家の中でも父に激しく遊んでもらい、迎えた園生活二週目。


初めて土日を挟んだ後は、一層手を焼くかと身構えていたら、意外にもあっさり着替えをすませ、バスもいそいそ乗り込み、元気に手を振り登園。
拍子抜けしてしまいました。

手首に「元気マークだよ」と太陽マークをマジックで描いてあげたのですが、それもちょっと効果あったのかも。
鞄や持ち物の記名以外の目印を太陽にしたので、その延長で。
バス停で抱っこと言ってきたりしましたが、元気マークみせたら、しゃっきり立ってくれました♪


それにしても、先週の着替えの抵抗ぶりは、思わずくじけそうなくらいでした…。

まず、私の上着や名札など全て準備をすませて、いざ闘いへ…。
ボタンを留めたブラウスからも抜け出すので、馬乗りで手を封じ、その隙にズボン。
そして、ズボンを脱ごうとする隙にブレザー。(馬乗り継続中)
すぐに袖から手を抜こうとするので、ボタンを留める間もなく抱き抱え、靴下から靴、鞄、帽子を全部手に持ち、ともかく外へ…。

勿論、終始大泣きなので、通学中の子供達の注目の的。(早めに出ているので、幼稚園児はまだ見当たらず)
バス停では抱っこのままですが、落ち着いているのであまり手を焼くタイプには見られていないようですが、短時間に濃縮されてます。

そんな体力勝負な毎朝のせいか、先週は何だかもの凄く眠気におそわれてました。


今週はブラウス見るなり「これ嫌」と言ったので、やっぱり今週もまだ駄目だったか、とあきらめかけましたが、隣のブラウス指差して「こっちがいい♪」と。
同じブラウスなんですが、そんなことで着替える気になってくれるあたり、幼稚園児だなぁ、と。


たっくんだけでなく、私の園生活(?)も始まりました。
初めての茶話会があり、今年一年の役割分担が決まりました。
月一ペースで集まりがあるようで、親同士の親睦も深まりやすいかも。
バス通園だと同じバス停以外の方と会う機会も少ないのでいい機会です。

ちなみに、私の担当はバザー手芸委員。
務まるかしら
  1. 2010/04/21(水) 04:21:17|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

no title




相変わらず朝は強引に園服に着替えさせ、抱っこでバス停に向かってますが、昨日はバスに乗り込む時はちゃんと自分で園バッグを持ち、手を振って泣かずに行けました。
少しずつ変化してます。

帰りは毎度のごとく、ご機嫌。
早速公園に向かいかけましたが、さすがに雨だったので帰りました。

それにしても、昨日は雨だったので行きの暴れ泣きで抱っこで傘はキツかったです…。
靴下も長靴も帽子もリュックも傘も全て拒否で、たっくんと一緒に抱え持ち。
一階のエレベーターホールでやっと靴下を。
バス停向かう途中で長靴を(でも抱っこのまま)。
バス停着いてから帽子を被り、他のお友達が集まってきてから何とか私から降りてようやく私の傘をさして機嫌も上がり気味になってくれました。
さすがに傘をさしながらの抱っこはもう厳しいです(^^;
せめて晴れて…。


その日の午後に担任の先生が園での様子を知らせてくれる電話をくださり、園ではそれなりに楽しんでくれているようです。
帰りも予想通り、まだ遊ぶと言って帰りたがらないよう(^^;

あまり不安になることは言わずにいてくれたのかな、とは思いますが、帰ってからの様子でも園に悪い印象は持っていないようですし、短い時間とはいえ先生から直接話を聞くことができてホッとしました。
今は家をでるまでが一番の山場のようです。


その後、お友達のバッグが顔に当たった、との報告があり、その後どうしたか聞いたら、こうやった、と押す仕草をしたり、というのもあり、いろいろやってるようですが。
怪我をさせたりしてはいけませんが、それも今まであまりなかった勉強。

そして、見えないところで見えてくる親の姿が恥ずかしいものとならないよう、私もしっかりしなくては。

さて、今日も雨。
また朝のバトルの末に抱っこでバス停まで行くのか、すんなり傘をさして歩いてくれるのか。


ちなみに写真は、バス通園二日目、泣きが入る直前の、まだのほほんとしていた時のバス待ちの一時です。
  1. 2010/04/16(金) 05:26:21|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初登園

今週から、たっくんの登園が始まりました。
幼稚園は9時からですが、バス通園のため、8時過ぎには家を出なければならず、毎日必死で早寝早起きしています(^_^;

お弁当開始は5月連休明けからなので、4月いっぱいは12時前にはバスで帰ってきます。
時間があるようで、でも気付けばすぐお迎えの時間。
私も慣れるまでちょっとかかりそうです。


◆一日目
何となくいつもと違うと察したのか、機嫌はいいものの、なかなか支度が進まずこちらは内心ハラハラ。
でも、園バスに乗れるのが嬉しかったようで、着替えが済むとすんなりバス停へ向かい、みんなの後についてバスに乗り込み、私に手を振り出発。
でも、うちからバス停まで、珍しく自分から手をつないできたので、不安な気持ちもいっぱいだったのかな、と思います。

この日はお道具類を一緒にロッカーにしまうために、後から私も行き、帰りはバスに乗らず一緒に降園。
園で再会すると嬉しそうに私のもとに来てくれましたが、段々愚図りだし、帰ろうと一人何度も脱走したり、逆に帰るときになると帰らないと居座ったり…。
さすが先生も慣れたもので、「どんなお靴履いてきたのか、見せて欲しいな~」優しくと声をかけてくれ、途端にいそいそ手を引き靴を持ったかと思うと、その後はいきなり廊下を何往復も走り出しました…。
泣いてる子もチラホラ見られましたが、ここまでテンション入れ替わる子はうちだけでした。

ちなみにこの日はしとしと雨でかなりの冷え込み。
自転車は厳しいかな、と悩んでいたら、同じバス停の方が車に乗せてくれました。
まだ知り合いもおらず、限られた駐車場に乗り合いなしで車で行くのは気が引けていましたが、嬉しい声かけをしていただき有り難い限り♪
おかげでたっくんも帰りは一緒にご機嫌に走り、いきなり家に行くと言い出すほど楽しかったようです。
さすがに急過ぎて引き止めましたが、慣れたらそんな風にお友達の家を行き来するようになるのかな、と楽しみです。


◆二日目
こちらの心配をよそに、やはり身支度ギリギリになりながらもご機嫌にバス停へ。
待つ間も一人フンフン鼻歌歌いながら遊んでました。
でも、バスが来ると、急に私の手をギュッと握りしめ、「一緒に行こう」と引っ張り出しました。
狭いバスの中に入り、自然に一列になって、手が離れたのをきっかけに泣き出し、その後は先生の抱っこで泣き顔で去って行きました。

前日より少しハラハラした気分でお迎えにいきましたが、機嫌よくバスを降り、さようならの挨拶も元気よく大きな声でできました。
そのまま他の子につられて近くの公園に走り、ひとしきり遊んで楽しそう♪
ただ、水捌けが異様に悪い公園のため、前日の雨で遊具の周りは池のよう…。
子供たちは楽しい遊び場ですが、親はハラハラ。
制服でなければいいのですが、案の定汚され、早速洗濯になりました。
楽しく幼稚園生活始まったと感じてくれていれば、洗濯くらい♪
でも、泥汚れは頑固でした(^^;
機嫌の良いときに幼稚園のようすを何気なく聞くと「わかんな~い」
でも、嫌そうには言っていないし、バスも普通に降りてきてし、それなりなのかな。

この日はもしかしたら行かないと言い出すかと思っていたスイミングも乗り気で通い、着替えの後、初めて私が付き添わずに他のお友達とプールが始まるのを待っていました。
見えないところでしばらく様子を伺っていると、何度か私を探しかけたり、座らず動いたりとちょっと落ち着きはなかったようですが、各段の進歩です♪
早速、園生活の効果あり、かな?


◆三日目
予想通り着替えから泣きました。
いえ、暴れました。
泣いていてもせめて無理やりにならないようにと、気分を変えさせようとしてみましたが、結局最後は押さえ込みで着替えさせ、抱っこで引き渡し。
先生に抱っこしてもらい号泣しながら遠ざかっていきました。
家に戻ると泥棒が入ったかと思う散乱っぷり。

でもお迎えにいくと機嫌よくバスを降り、前日にも増して元気にさようならの挨拶をして頭が地面に付くほどでした(^^)
そしてこの日も公園で一遊び。
なかなか帰りたがらず、最後はいきなりお友達の家に行くと言い出しましたが、さすがに会って数日、お昼はこれから、というお宅にいきなりお邪魔するわけにもいかないので、何とか連れ帰りました。
やはりいろいろ疲れも溜まるようで、園に通い始めてからは家に帰るとしょっちゅう欠伸をしています。
お宅訪問はもう少し慣れてからにしないと、どんなことをしでかすか(^^;

この日は「クレヨンでスバベッティ(スパゲッティ)描いたんだ」と報告してくれ、楽しんでくれてるんだな、とちょっと安心。

そして、心配していたトイレの失敗もないようで、今のところお着替えすることもなく帰ってきています。
大泣きするとお漏らししがちなので、園ではそこそこなのかな、と思います。


でも、いつもと違う集団生活で、彼なりにいろいろ我慢もしているのかと思います。
ついつい鬼母になりがちな毎日ですが、しばらくは寛大な母を心がけたいです。
そんなデリケートな問題にも思えない部分も多く、普通に雷落とすことが多いのですが。


朝の嫌々がいつまで続くのか気になりますが、とりあえず行ってからはそれなりと思われるので一安心。
そして、次々園バッグに入れられる、茶話会やら総会やらのお知らせのお手紙に、今後の私の生活もどう変わるのかちょっとドキドキ。
予想以上に親が園に行く機会があるようです。
  1. 2010/04/15(木) 01:39:25|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入園式

入園式

今日はたっくんの入園式でした。

昨夜は雨が降り、少し桜も散り気味でしたが、場所によってはまだ結構みられたり、逆に散った花びらが雪のようでなかなか綺麗でした。
たっくんも「綺麗な雪~♪」と喜んでました。
少し肌寒さを感じながらも、日が当たっている所はポカポカ温かく、天気にも恵まれいいスタート


肝心のたっくんは、朝から父がいるのが嬉しかったのか、遊びに夢中でなかなか支度せず、しまじろうパペットで気分を盛り上げてようやくお着替えしてくれました。
それを見越してかなり余裕をとって準備をしていたものの、自転車で向かってギリギリ一歩手前。
父は歩きだったのでちょっと遅れてしまいました。
といっても最初のクラス集合は私と日向だけだったので間に合ったといえば間に合ったのですが・・・。

クラスで集まって、制服の胸にコサージュを付け、入場待ち。
一番最後の順番だったので、だんだん待ち切れなくなり、園庭の遊具に目を惹かれて遊びたくなってしまい、それを引き止めるのに一苦労。
かと思えば、「お父さんのところに行く~!!」と先に行こうとするので、最後に入場になりました。

いざ式が始まると、落ち着いて座ることなどほとんどなし
後ろを向く、私に抱っこと乗ってくる、寝転がる、「お腹すいた!」と叫ぶ・・・。
座ったと思えば、鼻をほじくる、私を食べる・・・。
何とか落ち着かせようとしましたが、式を乱さないようあまり強く出ることも出来ず、静かに格闘していました。
折角の式の内容もほとんど覚えていません。
それでも泣き叫ばなかったのは助かりましたが・・・。

退場も最後のクラスで、さらに列の最後ということで、入場と同様、一番最後になりました。
ここでは比較的落ち着いて、ののさまから聖水をいただくということで、お寺の住職に頭に長い棒で聖水をチョンとつけていただきました。

その後、一旦クラスに戻り集合写真撮影まで再び待機。
やはり最後になるので待ち時間が長く、先生が手遊びや紙芝居をしてくれました。
朝のクラス集合では落ち着きなく動き回っていたたっくんも、ここではジッと見入ってくれてました。
今度は父も入ってこられたので、私と交替したのもよかったのかも。
私だとなめてかかってるということかもしれません・・・。
おじいちゃん、おばあちゃんも来てくれていたのですが、同様の指摘をされ、入園式中にかなり落ち込む瞬間がありました
既に1時間にも満たない式の最中に一日分の力を使い果たした気分の時に、母親として力不足すぎるのかなぁ、と落ち込んで涙でそうになりました。
どうせなら、嬉しい感情の涙したい日だというのに

でも、何とか写真撮影の時間が来ると、今度はアシスタントさんの呼びかけに元気よく応えて、ちゃんとカメラを向いてくれました。
クラス全員ご機嫌よく、揃って前を向いてくれるということも難しく、プーさんやトーマスのぬいぐるみで必死に園児たちの気を引いて、何枚か撮影してようやく終了。

最後にクラスに戻り、先生からお土産の紙袋をいただき、園のお別れの挨拶を教えてもらってお仕舞い、となりました。
ここへ来てご機嫌よくなり、深々お辞儀をして大きな声で挨拶していました。

行きは揃って写真も取れなかったので、園庭のののさまや正門の入園式の看板前で記念撮影。
その間も開放感からかスキップしたり走り回るたっくん。
なかなかビシッとポーズを決めてくれませんでしたが、笑顔で撮れたのが何よりでした。


お昼は外食も考えましたが、きっと落ち着いて食べれず、お祝いどころではないだろうと、シンプルに家でご飯。
日持ちするものを前日に準備し、後は今朝早起きして用意しました。

・ちらし寿司
・いなり寿司
・筑前煮
・豚角煮(煮玉子、大根)
・きのこのおかか煮
・きゅうりのたたき合え

お祝いにしては地味なメニューでしたが、久しぶりに角煮は柔らかく味もしみて大成功。
煮物以外は相変わらずの薄味に仕上がってしまいましたが、私にしては頑張った方でした

たっくん、やはりあまり食べずに、遊びまくり。
父は勿論、おじいちゃん、おばあちゃんが来てくれて、テンション上がり気味なようです。
お祝いにもらった絵本(鉛筆の練習や間違い探し)で遊んだかと思えば、ベランダのチューリップ(おばあちゃんと一緒に植えたもの)の水遣りに走ったり。
落ち着きなく動き続け、おやつに父が買ってきてくれたケーキを食べた後は近くの公園で発散。
まだギリギリ桜もみれて、大人はのんびり日向ぼっこ。
この公園は、本数は少ないながらも、しだれ桜もあってなかなかいいスポットです。
式の最中に一日分の体力を使い果たしたようでグッタリしていた私も、このあたりで少し復活してきました

おじいちゃんは公園へ向かう途中でわかれて帰ってしまいましたが、おばあちゃんはお泊まり。
夕飯は近くの蕎麦屋に行ってみようと思いましたが、たっくんも欠伸をしたり、日が落ちるとかなり冷え込んできたりしたので、出前をとってみました。
蕎麦好きたっくんは、今度はしっかり食べ、お風呂に入り、今日の自分のビデオをみながらマッタリしてきたようです。

寝る前の絵本もいつもなら全部読みきらないと終わらせてくれないのに、珍しく途中から開いてきたりしました。
読み終わったら自分で明かりをけすのですが、これも私が消して、5分とたたずに寝付きました。
大人たちもなんだかグッタリ疲れて、のんびりおしゃべりでもということもなく、早々に布団にはいりました

明日は幼稚園は年中さん、年長さんの始業式のためお休み。
おばあちゃんと近所の桜見物でもいってみようかと思います。

このところ「幼稚園行かない」といっていたり、入園式中落ち着きなくしていたたっくんも、終わって帰ってきてからはまんざらでもなさそうだったので、とりあえず来週からの登園はその気になってくれそうです。
いざ通い始めたらまた違う反応もでるでしょうが
  1. 2010/04/08(木) 23:58:07|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もうすぐ…

たっくんの入園式もあと数日に迫りました。

ということもあり、土曜は父の叔母の美容院でたっくんのヘアカット。
生後7ヶ月の時の初めての散髪以後はずっと自宅でバリカンだったのでどうなるか楽しみ半分、心配半分。
終始真顔で、でも大人しく言うことを聞いてました。

一年通じて丸坊主なので、カットと言っても襟足を揃えてもらう程度でしたが、さすがプロ。
後ろ姿がビシッと引き締まりました。

今回は入園式前におばさんの手でカットしてもらったというイベント的になれば充分と思っていましたが、思いの外、大人しくカットしてもらう姿を見て、成長したんだ、と思わせてもらえました。


そして、今日は保護者会で担任の先生とクラス分けの発表。
明るくハキハキした先生方(年少さんは担任二名)に、不安も少し軽くなりました♪
同じクラスのお母さん達の中に、少し前に公園で出会った方の顔を見つけてちょっとホッとしたりもしました。

保護者会の間、たっくんは休みを取ってくれた父と家で遊んでましたが、ご機嫌だったようです。

ただ少し気になるのは、急に「幼稚園も、小学校も、行かない」と言い出すことがあること…。
「もうすぐ幼稚園にいくんだから」的な発言はしないようにしていたのですが、やはり何かしらのプレッシャーを感じているのでしょうか。
しばらくは手を焼きそうな予感がしてます(^_^;
  1. 2010/04/05(月) 20:26:00|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。