ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワッペン



たっくんがスイミングスクールに通い始めて丸一年がたちました。
水遊びは大好きで、海では波に揉まれて水没してもケラケラ笑っているというのに、プールになると顔がつけられず。

スイミング教室では、ステップアップするにつれ、帽子に付けるワッペンが増えていくシステムですが、ずっとワッペン0枚さんでした。


が、とうとう先日のテストで一瞬とはいえ顔を水につけることができて、ワッペン一枚さんに昇格しましたヾ(^▽^)ノ

今までどんなに応援しても、「大きくなったらできるから」としれっとかわしてましたが、さすがにコーチから実際にワッペンを手渡してもらってたのは嬉しかったようです。
更衣室にワッペン振りかざしながら戻ってきたときは、涙こそ出ませんが、ちょっとうるっときました。
こんなことで親ばかですが、一時は暴れて泣いて連れ帰る、なんてことが続いた時期もあったので、それを思うとジワッときます。


帰りに「3つ(3秒)つけられたら、もっと増えるかな♪」と自分から言ったりしてました。
そんな目標めいたことを言うのも初めてで、通い続けた成果を実感しました。

早くワッペンをつけてほしいとせがまれましたが、とりあえず洗って乾かした翌日にチクチク縫い付けました。
早速、鏡の前でチェックし、暑い中、しばらく被ってました。


ワッペン一枚さんの中でも二段階あるので、次のステップアップだけでは残念ながらワッペンは増えません。
一気に二段階昇格でもすれば別ですが…。

今はやる気さえ持続してくれれば、のんびりでもいいかな、と思ってます。
でも、やっぱり初ワッペンは私もかなりテンション上がる出来事でした♪
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 14:10:16|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電車とバスの博物館

昨日はたっくんと二人で「電車とバスの博物館」に行ってきました。
田園都市線の宮崎台駅に隣接しており、我が家の最寄り駅から電車一本で行けます。
夏休みだし、たまには電車でお出掛けもいいかな、と思い立っていってきました。

6歳未満無料なので、大人100円の入館料のみ。
それほど大きな施設ではありませんが、電車とバスと飛行機のシミュレータを体験することが出来ます。
他にも展示などもありますが、普段みることのない部分をみることができたり、古い電車の様子がわかったり。
小さなお子様でも、ただ乗り物に乗り降りするだけでも楽しめるかもしれません。
小学生くらいになると物足りないかもしれませんが、今のたっくんにはちょうどよいスポットでした。
何より暑さをしのげて私も嬉しかったです♪

10時の開館時間に合わせていってみるとそれほど混んでもおらず、少し並んだだけでシミュレータを体験することが出来ました。
11時くらいになると徐々に混み始め、昼頃にはかなり並ばないといけない状態。
でも、その頃には軽くお握り休憩を入れながらも興味を持ったものは一通り楽しんでいたので、昼過ぎに切り上げて出てきました。
2時間ほどとはいえ、シミュレータ体験だけでも電車2回、バス1回、飛行機1回と充分楽しんでこられました。

ついでにスタンプラリーで4つのスタンプを集めて、帰りがけにカンバッジをもらえてご満悦。
記念に何か買ってあげようかな~なんて売店も少しのぞきましたが、そこまで鉄男くんでもないので、このカンバッジだけで充分喜んでくれていました。
いろんな意味で親も嬉しい♪


その後、同じ沿線に最寄り駅のある姉宅に遊びに行きました。
頼まれ事もあったのですが、たっくんも久しぶりに遊びに行って楽しそうでした。
そういえば、いつも車で行っていたので、電車で訪ねたのは初めてかも。

ららぽーとが近かったので、買物と夕飯で行ってきました。
異様に盛り上がったたっくんにちょっと疲れを感じつつも、久しぶりのショッピングに私も気分弾んでました。
姉から誕生日に、と服もプレゼントしてもらったし、夕飯もご馳走になってしまって、もうお腹いっぱい。
帰りの電車は二人とも寝てしまうかと思いましたが、予想外にご機嫌持続で寝る気配なく最寄り駅まで到着。
駅から家までは抱っこで歩くか、いっそタクシーか、と覚悟を決めてましたが、スキップ混じりに弾んで歩いてくれました。
お風呂も機嫌よくすませて、寝る前の絵本もしっかり読んで、さすがにその後は爆睡。
勿論、私も・・・

遊園地などはさすがに大変ですが、こういうところなら、時々二人で電車でお出掛けというのもいいかな。
時々、ですけどね





電車とバスの博物館

開館時間:平日・土曜日10:00~17:00 日曜・祝日9:30~17:00
休館日 :月曜(月曜が祝日・振替休日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
入館料 :大人100円 小・中学生50円 6歳未満無料
アクセス:東急田園都市線 「宮崎台駅」下車(駅隣接)



◆入退館

出入口は「南・北・東」の他、別館のイベント館にあり、自動改札機に切符(入館券)を通して出入り自由。
ただし、入館券は南・北出入口でのみ販売。
電車で宮崎台駅を降りるなら南出入口が一番近いです。

期間限定かもしれませんが、スタンプラリーをしており、4つのスタンプ(この時は「ヒックとドラゴン」)を集めるとカンバッジをくれました。
スタンプ帳やカンバッジ交換は受付にて。

電車とバスの博物館 - 入口にて 電車とバスの博物館入口(南出入口)


電車とバスの博物館 - 自動改札機 自動改札機(東出入口)



◆博物館3・4階

南出入口から入ると4階部分。
すぐに階段を降りて3階部分に展示コーナーなどがあります。
階段を降りたあたりに売店があり、お土産を買うならこちら。

模型のシミュレータや昔の電車の紹介、パノラマシアターでの上映などがあります。
のんびり楽しめますが、実際の操縦体験をしたいのなら、混む前にまず1・2階まで行ってしまったほうがいいかもしれません。
初めて行ったので、あちこち興味を持って最初にここで時間を使いましたが、次に行く機会があったら、まず1・2階に行くつもりです。

電車とバスの博物館 - 3・4階 展示コーナー


電車とバスの博物館 - Oゲージ模型運行シミュレータ Oゲージ模型運行シミュレータ



◆博物館1・2階

北入口から入るとこちらのフロアに近いです。(かといって、わざわざこちらの出入口から入らなくても、南出入口からでもすぐ移動できます。)
電車、バスのシミュレータがあり、混んでくると行列が出来ます。
夏休み平日に行きましたが、開館時間直後は比較的空いていたものの、昼近くになるとあっという間に人混みという感じになりました。
シミュレータでなくても、展示している電車の操縦席でレバーを握るだけでも楽しいかも。
デハ3450形の中ではマイクでアナウンスも楽しめます。

バスの中は、タイヤやドアの駆動をみることができるので、順番待ちをしている間もちょっと面白いです。
お子様は待ち焦がれて運転席ばかりみているかもしれませんが、他の子が操作しているときに、どこがどう動くのかをみるように促してあげるとあっという間かもしれません。

それぞれのコーナーの案内板に書いてありますが、3分経ったら交替(砂時計が置いてあります)というものが大半です。


このフロアの休憩コーナーおよび玉電の中では飲食可能です。
駅近隣にコンビニやスーパーがあり、入退出が可能なので、一度出て調達してきて戻って食べるというのも可能です。

電車とバスの博物館 - デハ3450形 デハ3450形


電車とバスの博物館 - 電車運転シミュレータ 電車運転シミュレータ


電車とバスの博物館 - 玉電(デハ2000形) 玉電(デハ2000形)



◆イベント館

道路を挟んだ別館にあるので、一度外に出て移動しなければなりません。
飛行機シミュレータがあります。
小さな子供は大人が膝に乗せて体験します。
小学生くらいと思われるお子様も、係りの人に「大人と一緒にね」と言われていましたので、一人で出来そうと思っても小柄なお子様連れの場合は一緒にいてあげた方がいいかもしれません。
4歳の息子は当然私の膝の上でした。

電車とバスの博物館 - イベント館入口にて イベント館入口


電車とバスの博物館 - 飛行機シミュレータ 飛行機シミュレータ
  1. 2010/07/29(木) 14:48:27|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盆踊り



昨日は父の職場の盆踊りに行ってきました。

始まる前に家族に職場見学をさせてくれて、普段入れないところも見せてもらえました。
たっくんはいつもと違う雰囲気にはしゃぎまくり。

盆踊りが始まりしばらくすると、私の友人が合流し、更にテンションアップ。

最初は自分と同じくらいの子供が来ると思っていたようで、大人だと気付くと思い切りガックリ肩を落とし、その後もしばらくは「○○ちゃん(←友人の名前)の子供は?」と諦めきれないように聞いてました。
友人はまだ独身…。

でも、「何故か子供に懐かれるんだよね~」というだけあり、しばらくすると私そっちのけで遊んでもらってました。


その後、うちに来てからまた遊んでもらい、かなり嬉しかったよう。
いつ寝てしまってもいいように、とりあえずパジャマに着替えさせようとすると「○○ちゃんと一緒に!」と猛烈アタック。
着替えさせて、と甘えてくるかとは思ってましたが、予想外の展開でした。

「大人の服はここにあるから!」と押入の襖を勢いよく開けて私の服のありかを披露し、気を使った(どちらに?)のか「いらないの、使っていいから!」と鼻息荒く説明してました。

さすがにそこまで突き合わせる訳にも行かず、何とか着替えさせてもらうことで手を打ってもらいましたが、その後もしばらく2人できゃっきゃと遊び、最後は一緒に布団にも入ってもらいました。

なかなか寝たがらなかったものの、さすがにいつもより遅い時間で眠気もあり、絵本を読み終えたらすぐに爆睡。

後は大人2人でのんびりおしゃべりを楽しみました。

高校来の友人で、気を使わず話せる数少ない友人の一人。
子供が産まれてから(物理的距離もあり)なかなかうちでのんびりおしゃべりも出来ずにいましたが、これからは時々こんなふうにできるかな♪と楽しみが増えました。


さて、朝起きたら「○○ちゃんは?」というでしょうか。
今度は遊びに行かせてもらおうね。


ちなみに、写真の目隠しは本人が勝手にやってます。
素直に写真撮らせてくれなくなり、普通の顔の記録がほとんど残らないことになりそうです(^^;
  1. 2010/07/24(土) 07:05:07|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盆踊り

moblog_ae7e60df.jpg

幼稚園の隣のお寺で16日(金)から3日間続いた盆踊り。
園児とお母さんも一日は当番日で浴衣(甚平はダメ)で参加ということで、踊りの和が寂しい、と言うことは決してありません。
でも、そうでなくてもかなりの人が集まるり賑やかなお祭りのようです。

初日が当番日でしたが、実はたっくん、夏休みに入る2日前から手足口病で幼稚園をお休みしており、盆踊りも欠席。
手足口病は幸い熱もなく、口の中だけだったのですが、痛がってなかなか食事ができないのが可哀想でした。

でも、ずっと元気は持続し、盆踊りも最終日の昨日は参加できるまでに復活しました♪

日曜日で父も参加でき、親子三人、浴衣で参加。
最初は荷物持ちに徹していてくれた父も、せっかくだからと踊り出したら、たっくんもつられて徐々に踊り出しました。
隣に担任の先生が並んでいたのも嬉しかったようです。

さすがに、飽きたり疲れたりして座り込む場面も時々ありましたが、事前に幼稚園で作った自分の団扇でまた気分を盛り上げたりして、なんだかんだと5時半頃から7時まで、一度お茶休憩をしただけでずっと踊り倒してきました。
やはりお友達の存在が一番効いたようですが(^^)

その後は大人時間で盆踊りはまだまだ続いていましたが、暗いところと人混みがダメな父もいるので、出店はよらずタクシーで即帰宅。
家でゆっくり夕飯して、お風呂でさっぱりしたらさすがにコテンと寝付きました。
父とほぼ同時というのが笑えました(^^)

今朝はまだ寝てますが、私がこっそり起き出そうとした時、楽しい笑い声が…。
起こしちゃったか?と思い振り返るとぐっすり。
どうやら夢見てたようです。


去年は盆踊りに行っても、踊らず走り回るばかりでしたが、今年は成長したのか、幼稚園の先生やお友達が一緒だったのが嬉しかったのか、ちゃんと踊っていたのが感動でした。
年長さんになると順番に櫓にあげてもらって踊ることができますが、今から私が楽しみです♪


それにしても、3人分の着付けはエアコンきかせた部屋でも汗だくでした(>_<)
子供浴衣はともかく、やはり私が一番手間取り何度か着付けし直し…。
高校生の頃、毎年体育祭、文化祭などで着る機会があったので一応自分で着れますが、コツなどすっかり忘れて四苦八苦。

男帯の結び方も初めてなのでこちらも手間取りましたが、本人にも教え込みながらやってみました。
大人になってから初めてだという浴衣を思った以上に気に入ってくれました。
男の人の浴衣は簡単だし、来年は帯まで自分で全部やってくれるかも♪と期待してます。


浴衣姿で盆踊り。
まともに踊り続けたのは何十年ぶりだったか…。
しかも、親子3人揃って、というのが、とても楽しかったです♪
暑くて長時間は大変ですが、終わってしまうとあっという間。
また来年が楽しみです。


そうそう、櫓からのびている提灯の列。
幼稚園のおかあさん達が電球と提灯を結びつけたケーブルを運んでお手伝いしました。
写真だとあまり写ってませんが、櫓以外にも、かなりの量の提灯飾りがあり、筋肉痛になる~と普段怠けている腕をプルプル言わせて運んだり。
設置はさすがにしていませんが、おかあさん達なかなか頑張りました。
そんな形で参加するのも初めてで、いい経験をすることができました。
汗だくでしたけどね~。




  1. 2010/07/19(月) 07:18:07|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐メロ



週末、ふとしたきっかけで、郷ひろみの「二億四千万の瞳」にはまった、たっくん。

父に探してもらい、YouTubeで何度も繰り返しみていました。
当時の懐かし映像より、最近のものが気に入ったようで、「赤い服の!」だの「黒い服の!」だの注文をつけて再生させられました。

火がついたのは一日二日ほどのことでしたが、忘れた頃に「お~くせんまん」と呟きながら遊んでいたりして、ちょっと刷り込まれたようです。

延々一緒に聞かされた私も思わず口ずさんでしまいそうですが、一度口にしたら、またエンドレスに一緒に聞く羽目に陥るので、こらえてます。

幼稚園で思い出して歌っても、誰もしらないだろうなぁ…
  1. 2010/07/12(月) 08:51:39|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

願い事


昨日は幼稚園の保護者会・懇談会があり、午前保育で帰ってきたというのに、お昼を食べ終えたら、また幼稚園に行ってきました。

子供達はみんなと遊べて楽しそう。
その間に全学年集まって保護者会、クラスに別れて懇談会がありました。

夏休みの過ごし方やその直前に行われる盆踊りなどの説明でした。

子供達が元気一杯に教室に戻って解散となりましたが、ぎりぎりもつかと思ったお天気が崩れて雨がパラついてました。
合羽を持ってきて正解でした。

この時は園バスもなく、自転車だったので、ヘルメットごとスッポリ被れるフード付きが初めて役にたちました♪
でも、家についてから改めて見ると、怪しいキノコ小僧(^^;
強引にフードの前のボタンをしめてるのも原因かと思いますが、後ろから見ても宇宙人のようでやっぱり変でした(^^)

でも、姿形はともかく塗れずに良かったです。
ちなみに私は、電動自転車の充電がギリギリで、帰りに使えるようにと行きは極力自力で坂道漕いだためか、妙にグッタリ…。
シットリ濡れたのも重たい気分にさせたのかも。
夕飯後、お風呂に入らなきゃ…と思いつつ、父が帰ってくるまで、ついうたた寝してしまいました。

その間、たっくんはレゴで長い棒を作っては「お星様、お願いっ!」と叫んでましたが、何をお願いしたんでしょうか。
去年も使った、小さなプラスチック笹には「ひこぼし(←判読不能)」と書いてましたが、何を目指しているのか…。
そして、園のお飾りでは「あんぱんまん ぷりきゅあがほしい」と書いてありました。(先生代筆)
プリキュアは知らないはずですが、女の子のお友達の影響を受けたようです。

雨で帰りによるつもりだった買い物もせず帰宅したので、夕飯はお星様カレーで強引に七夕気分にしました。
単に人参・じゃが芋を星型で抜いただけでしたが、思った以上に好評でなにより♪
普段、手をかけない分、ちょっとしたことで喜んでもらえるのは助かります(^o^)
  1. 2010/07/08(木) 06:26:07|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プティ

プティ

最近気になっていたPUTIT(プティ)のデコレーションに初挑戦してみました♪
皆寝静まり、暑さも一段落した夜に一人黙々と

自分のセンスに自信がないので、まずはネットで紹介されていたレシピそのままで作成。
よくみればやはり雑な所が見えてきますが、遠目ならキラキラにごまかされてわからないかも、と勝手に納得して満足

好きなデザインで作ってみたいところですが、やっぱり何かお手本がないと不安です。
細かいパーツと時間との勝負で集中力が必要ですが、久しぶりにいい緊張感を味わいました。

早速使いたいけれど、完全に乾かすなら24時間我慢。
でも、明日幼稚園に行くのでID必要だし、そ~っと使っちゃおうかな


そうそう、昼間は病院受診で結構な待ち時間があり、リボンレイのブレード編みをしていました。
やはりID用のネックストラップを作るつもりで。(うまく出来たらバザーに出品予定。)

リボンを袋に突っ込んでひたすら編むだけなので場所もとらず、簡単な編み方なのでぼ~っと考え事しながらでも出来るので、時間つぶしに最適
このあたりはプティと違う気楽な楽しみ方です。

こういうことしていると、話好きなおばちゃんとかが話しかけてくるかな~などと思っていると、背後から「ぶしつけにすみません」と声をかけられました。
おばちゃんにしてはご丁寧な声かけ・・・、ていうか低い声??

振り返ると意外にもおじさん。
一瞬、蟹江敬三!?と思うほど雰囲気似ていましたが、違ってました。

「編み方みてたんですが、どんな風に仕上がるんですか?」など聞かれ、しばらく編みながら会話してました。
どうやらその方は組み紐のストラップなどを作るそうで、私がどんな物を編んでいるのか気になったようです。

このくらいの年代の男性がそういう物を作っているのがちょっと意外で新鮮でした。
私は3時間近く待合室にいたので、蟹江さん(仮称)はその間に受診を終えて、私にも軽く会釈をして帰られました。
会話の間に見せたリボンレイの本をみたりするのかな、と勝手にその姿を想像してみたり。


その後は家に帰ってたっくん昼寝中にミシンがけ(バザー用)をして、今日は一日手芸(?)三昧。
でも、こうして書いていくと、今日一番印象残っているのは「蟹江さん」でした。


  1. 2010/07/01(木) 00:31:50|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。