ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パインウッドダービー予選会

P1040599.jpg

P1040602.jpg

日曜日、久しぶりのボーイスカウトで早朝から寒念仏、そして日中はパインウッドダービーの予選会がありました。

初めて知ったパインウッドダービーでしたが、長方形の松の木(パインウッド)を加工して好みの形状の車体を作り、そこに車輪を4つつけて、高低差をつけたレールの上をただ走らせてスピードを競うというシンプルなレースです。

きちんと車検があり、審査を通ったものだけがレースに参加することができます。
幅や高さ、車高、重さなどそれぞれ規定があります。
限られた中での競争と言うことで、ギリギリまで重さを調整している姿も見られました。
中にはぬいぐるみやフィギュアが乗った可愛いものも。
抵抗大きいのでは?と思うのですが、重りの役割になっていいのか、意外に早いものもあるようです。

重りの位置やタイヤ取り付け方などに工夫を凝らすポイントいろいろあるようですが、ともかく初参加の息子は「抵抗を減らした流線型(←多くの子がそう言ってましたので便乗?)」と「ギリギリの重さ(←重りとねじで微調整)」で挑みました。
パインウッドはかなり固くて、去年はのこぎりなどではかなり手こずったようで、今年は小学校の図工室を借りて、電動ノコギリで加工しました。
それでも固くて押さえて切るのは大変だったので、そこは親の手も借りての作業となりましたが、しっかり磨いて、ラッカーで塗って、最後のタイヤの調整(?)は自分の手で真剣な目つきで頑張っていました。

4レーンあるので全ての車がそれぞれのレーンで走れるよう、4レース行われました。
ドキドキの1レース目で早速の一着。
運よくその瞬間を写真に収めることができましたが、他3台がまだ後方で写真に入っていないくらいの差がついていて驚きました。
とはいえ、参加台数はそれなりに多いので、このレースの中で一位でも、最終的には全ての車の記録で競うのでなんとも言えませんが、やはり初っ端にこの結果はかなり嬉しく、私もテンション上がってきました。

続けて2レース目は僅差の2位でした。

午後にも3、4レースが行われましたが、体調万全でなかった私は2レース目を見た後、一旦帰宅。
その後、観戦していた方から、4位になり予選通過したとの嬉しい連絡がありました。
迎えに行き、その後のレースを聞くと、残り2レースもその中では1位をとっていたそうです。
きっと盛り上がっていたんだろうな。
見れずに残念。

来週は本選があるので、そちらは体調万全で応援行きたいと思います。
と言うことで、持参した車は今はお預かり。
改造してはいけませんものね。

レース始まる時、大人はゴール付近に群がるのに、子供はスタート位置に群がるという光景が面白かったです。
セッティングされるところや、滑り落ちるように始まるスタートに惹かれてしまうのもわかるけど、やはり盛り上がるのはゴールです(^^)
スポンサーサイト
  1. 2015/01/27(火) 08:33:46|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神奈川スケートリンク

moblog_43ff572a.jpg

関内にある神奈川スケートリンクに行ってきました。

もともと東神奈川駅近くにあったのですが、建て直し中と言うことで関内駅近くで仮設リンクとして営業しています。
旧横浜総合高等学校の跡地で、体育館をリンクにしているので、通常より小さめです。
先週行った赤レンガ倉庫の仮設リンクより若干小さいようですが、混み具合からこちらの方が大きく感じました。

お正月、仕事も入ってしまいあまりゆっくり遊べなかったこともあり、おばあちゃんも来てくれました。
息子はおばあちゃんと会えるということだけで嬉しかったようで、先週のように「どこに行くの?」と聞くこともなく、目的地間近になって「どこ行くの?」と言ったくらい。
「スケートリンク」の旗を見つけて「スケート!?」と大喜びしてました。

入口の販売機でチケットを購入し、貸靴はセルフサービスで。
脇のベンチで靴を履き替えて、早速リンクへ。
リンク変われば、氷も変わり、靴も変わり。
「滑っちゃう~」と言いながらも楽しく小一時間。
中央ではレッスンを受けている生徒さんなどもいて、久しぶりにスピンやジャンプを間近に見れて私も嬉しかったです。

疲れも出てきたのか、転んで膝を打ってから「もうやめる!帰る!」と急降下・・・。
それを見ていたからか、ベンチに戻るとおばあちゃんからなんと「滑っちゃおうかな」の発言が。
来る前にチラッと頭をよぎりましたが、まさか滑ることはないだろうと思っていましたが、チケット購入して靴を借り、荷物をロッカーに預け、今度は3人でリンクへ。
さすがに最初はぎこちなくリンクサイドにしがみ付いての移動でしたが、何周かするうちに自立して滑ることもチラホラ。
おかげで息子もまたそこから30分ほど楽しく滑っていました。

怪我をする前に切り上げ、中華街でお昼ご飯。
その後、夏に遊びに行った横浜大世界にでも行こうかとこっそり話していたのですが、どうやら息子はおばあちゃんと家で遊びたい、おもてなししたい、という気持ちが大きいようだったので、その後帰宅。
実際、私もおばあちゃんもそれなりに身体を使ったのと、お腹いっぱいなのとで帰って正解でした。

家につくと、早速息子は「コーヒー?お茶?」といそいそお茶の支度。
その後、トランプしたり折り紙したりしつつ、ほぼ一人でカレーを作り、ご飯を炊いて夕飯支度してくれました。
ピアノ練習もおばあちゃんに披露ということでいつもより熱が入ったようです。

疲れたものの、お茶も夕飯もほぼ何もせず出てくる幸せ♪
おばあちゃんのためですが、私も便乗してありがたくいただきました。

久しぶりにお泊りしてもらえるので少々テンションも上げ気味ですが、それでも以前より落ち着きもでてきて成長感じました。
明日は何をするのでしょう(^^)
  1. 2015/01/17(土) 19:53:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カップヌードルミュージアム

20150112_03.jpg

20150112_01.jpg

20150112_02.jpg


以前、ワールドポーターズで買い物した時、道路を挟んだ向かい側に見つけて気になっていた「カップヌードルミュージアム」。

やはり一番楽しめるのは「マイカップヌードルファクトリー」「チキンラーメンファクトリー」などの工房体験でしょう。
チキンラーメンの方は麺を作るところから体験できる分、小学生以上で2人以上の偶数申し込みになりますが、カップヌードルの方はカップを描くのがメインで中身を入れるのはスタッフ任せなので気軽に未就学児連れでも家族揃って楽しめます。
チキンラーメンは事前申し込みがないと当日申し込みは難しいようです。
カップヌードルの方もロッピーで入場券と共に事前申し込み出来ますが、比較的当日でも時間帯によって空きのある可能性は高いようです。

展示などもあり、なかなか面白いです。
アイデアを活かすというところを光と模型の木を使って表現しているあたり、面白かったです。

でも子供はやはり活動的に遊べる工房や「カップヌードルパーク」(300円、25分)が楽しいようです。
おかげでマイカップヌードルまでの時間潰しと私の休憩の時間が確保できて、こちらも助かりました。
子供たち自身が「麺」としてカップヌードルが出来るまでを体験しつつ遊ぶということらしいです。
後で「(自分が)揚げられちゃった」なんて言ってましたが、奥の遊具は見えないので何だか気になってしまいます。
未就学児の場合は保護者もパーク内に入らないといけませんが、入れないとなるとチラッと見るだけでも入ってみてみたかったななんて思ったりしました。

パーク隣の「NOODLES BAZAAR」は、世界各国のさまざまな麺を楽しめるというところです。
ハーフサイズの麺メニューが300円(チキンラーメンだけは150円)、デザート300円、ドリンクバー200円、各国のジュース200円、と言った感じです。
小さなお子様連れならお手頃かと思いますが、各国のとあるので好き嫌いがあったり、逆に食欲旺盛な子だったりすると微妙なところかなと思います。
特にお父さんあたりは小食な人でないと何杯食べても食べた気がしないと感じるかもしれません。
そうなると結構高くついてしまいそう。
食事と言うよりちょっと小腹が空いた時に入る程度に捉えて、一旦外に出て(チケット提示で再入館可能)腹ごしらえする方が無難かなと思いました。

1階のショップにはカップヌードルやひよこちゃんキャラのグッズやお菓子などいろいろあり、こんなものもあるの?と見てまわるだけでも楽しめました。
チケットがなくても入れるので、近くに来たらちょっと立ち寄ってみるのもいいかもしれません。


今回体験したマイカップヌードル作りでは、絵心のない私としては何を描こうか悩み、まず目の前のサンプルのひよこちゃんの絵を真似してみました。
それだけでは寂しいので、その前にスケートした記念にスケート靴を。
息子は何を描いたのか?と途中で覗き込むと、私をチラ見していたようで、同じくひよこちゃんとスケート靴。
言わずともわかるかもしれませんが、左が息子、右が私の作品です。
私としては頑張った方かと思います。

ちなみに、スープは4種類から1つ、具材は12種類から4つ選ぶことが出来ます。
息子は今回来られなかった父へのお土産にすると、スープはチリトマト、具材は炭火焼チキン(期間限定)、ガーリックチップ、激辛唐辛子、えび、
私はそんな息子のためにと希望を聞いて、スープはシーフード、具材はコーン×2、カニ風味カマボコ、ひよこちゃんナルト、にしました。
具材は4つ全て同じでもOKだそうです。
カレー味で、チェダーチーズ×4なんていうのも美味しそう。
持ち帰りは専用の袋に空気を入れて膨らませ、ぶつかってもカップがつぶれないようになっていました。

早速夕飯に食べましたが、ほとんどの具材をあてた父も、チリトマトに惑わされて激辛唐辛子の存在はなかなか気付けていませんでした。
日頃、一味やラー油で器の中が真っ赤になるような食べ方をしているから、と言うのもある気がしますが。
スープを飲まなければ息子も美味しいと感じたようですが、一口含んで「から~い!」と叫んでました。
私もスープ飲まなければ美味しかったクチです。
息子のシーフードは予想通りの美味しさでした。
ということで、我が家の連休最後の食事はカップヌードルでした。
  1. 2015/01/13(火) 06:34:18|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休

moblog_84156a1d.jpg

moblog_2ae22f25.jpg


連休ですが、来週は父が試験に試合にと重なるので、勉強や練習に専念して貰おうと母と息子でお出掛けしてます。

昨日は科学技術館。
もう4回目になり勝手知ったるとばかりに「次はあれ!」と迷わず遊んで周りました。
さすがに少し飽きたりしたかな?と思ったら、「また来週こよう!」と(^^;
まだまだ飽きていないようです。


そして今日は赤レンガ倉庫前の仮設リンク。
前もって知らせるとテンション上げすぎてこちらが疲れるので、今朝までお楽しみとぼやかし、行きの電車の中で「20の扉」の解答として伝えました。
わかった瞬間の目の輝きようが(^^)

11時からと言うことで、10時半過ぎに着くと既に行列が出来ていました。
それでもまだ滑り始めは比較的ゆとりのあったリンクも、ふと気づくともう大混雑。

息子も幼稚園の頃に同じこの仮説リンクでのスケート経験済みと言え、その時は2枚刃。
今回は靴のサイズ的にももう2枚刃はなく、初めての1枚刃の貸靴でどうかと思いましたが、それなりに滑って(歩いて?)ました。
スキーがだいぶ滑れるようになっていたので、そのおかげもあるのかもしれません。
このくらいだったら、次は仮設リンクでなく、普通のリンクに連れていった方がもう少し空いているかもと思いながらも、外はなかなか気持ちよかったです。
これで空いてさえいれば・・・。
幼稚園の頃は何かの行事の後の代休を利用して行ったので、比較的空いていたのだと思います。

途中、転んだ子のブレードが脛にあたりうずくまるシーンもありましたが、しばらく休むと滑りたい気持ちが勝り、再びリンクへ。
2時間近く滑りました。


お次はカップヌードルミュージアムへ。
遅いお昼を食べて、カップヌードルパークで遊んで、マイカップヌードルファクトリーでカップヌードル作り。
カップに好きな絵を描き、中身はスタッフの方が入れてくれるのですが、スープの味やトッピングを選べます。
なかなか面白い体験でした。

隣ではチキンラーメン作りもあり、そちらも面白そうでしたが、既に予約でいっぱいでした。
こちらは麺作りから体験できるようです。
  1. 2015/01/12(月) 17:26:03|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルトナージュ

moblog_a44b9753.jpg

初めてカルトナージュで六角形の小箱を作ってみました。
以前、友人から教えてもらってやってみたいなと思ってはいたものの手付かずでいました。

やっと手をつけたのは、ラタン(籐)で六角の入れ物を作りたいということがきっかけです。
当初、「ラタンで六角形は無理」と思っていましたが、何とかそれっぽく作れました。
でも、底は六角形に見えるけれど縁の部分はどちらかというと円に仕上がってしまいます。
どうにかならないかなと思ったものの、既に作ってしまったこれも何とか強引に六角形にならないものかと考えた結果、「カルトナージュで六角形の蓋を作ったらどうだろう?」と思い立ちました。

いきなり作るのは不安だったので、いつものごとくキットから入りました。
やはりキットスタートは楽でいいです♪
細かいところを言うとやはり甘い部分はありますが、次に作るときの反省点として活かせそうです。

しばらく活用しきれていなかったタティングレースも使えて、久々の新しいジャンル開拓に満足です。
次はラタンの入れ物用にサイズアップして作ってみようと思います。
  1. 2015/01/09(金) 19:21:23|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレーライス

20150106.jpg

冬休みも今日で終わり。
息子の宿題関係もほぼ終わり。
九九カードと縄跳びカードがまだ数箇所クリアできていませんが、九九カードは頑張ればいけそうですが、縄跳びの幾つかはクリアできるか怪しいところです・・・。

学校の冬休みの目標やボーイスカウトのチャレンジ項目などの関係で、この休みはお手伝いや料理に力が入っていました。
割と日頃から楽しく取り組んでくれてはいたのですが、ますます前向きで母嬉しい(^^)

昨日は初めてカレー作りを一人で挑んでくれました。
これまで玉ねぎ以外の具は切ってましたし、何となく炒めたり煮込んだりもしたことありますが、一人で全部は初めて。
しかも、材料を考えるところから。
全て知っているものばかりですが、改めて材料から考えるのは初めての事で、カレールーのパッケージを見て「肉は30g」なんて真剣にメモを取っていました。
肉は30gではなく300gですけど(^^;

関門の玉ねぎではゴーグルと鼻栓(自作)を使ってましたが、一通り具材の皮を剥いて切り、炒めて、煮込んで、ルーを入れてと一人で頑張りました。
私はやり方を教えるときに少し手を出した以外は全く何もせず。
最後の盛り付けも全てやってくれました。
美味しかったです♪

息子もやはり一人で全部やりきったことが嬉しかったようで「ん!いつもより辛くないし、美味しい!」と喜んでいました。
初カレーで辛くて食べるの苦労じゃ勿体無いので、いつもより甘口カレールーを多い配分で教えましたので(^^)
(いつもは背伸びして「辛くないよ」といいながら、チーズをかじって辛さを誤魔化して食べています)
仕事と学校が始まり帰宅の遅い父には「おいしく食べてね。おいしいよ!」と手紙を残し寝付きました。
それはもう美味しいでしょう。
これから時々は週末あたりにカレーの日で活躍してくれるかな?
楽しみにしています。
  1. 2015/01/07(水) 04:52:18|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始

150102_110105.jpg

スペースロボ7

年末年始は久しぶりに私の実家で過ごしました。

たまには王道の紅白見て、年越し蕎麦食べて、除夜の鐘聴いて眠りにつくのもいいな、と思っていたら、うっかり息子と寝てしまいました。
起こしてくれたらしいのですが、拒否していたそうです。
全く記憶にありません…。

気を取り直し、元旦は寒川神社で初詣。
帰りには結構雪も降ってきました。
実家に集まる人数も増えたというのに、暖房ガンガン焚いてもなかなか部屋が暖まらず。

でも、久しぶりにいとこ同士で遊び息子も大満足な様子。
寒くても一人尻尾をふりちぎる勢いで大喜びで遊んでもらっていました。
付き合わされた方はたまらなかったと思いますが、足にすがり付いて土下座の勢いで「お願い!お願いします!!」と息子に拝み倒され、苦笑しながらも寒い庭で遊んでくれた甥と姪には感謝です。

室内ではトランプしたり、各自ゲームしたりでしたが、お年玉のおまけに添えてみた立体パズルでも遊んでくれました。
光が当たるとなかなか綺麗。
甥(高2)に宝箱、姪(中2)にドナルドダック、息子(小2)にスティッチでした。
息子は集中しないので、つい私が楽しんで組み立ててしまいましたが、姪も最初こそ手こずりながらも頑張ってしあげ、やる気ないかと思っていた甥はやりはじめたらあっさり仕上げてました。

宝箱はうちにもありますが、手こずって何日かかけたのに、あっさり組み立てられてちょっとショック。
甥は小さな頃からこの手の物は得意だったので予想はしていましたが、私も得意なほうだったのにやっぱり年かしら?と(^^;

自宅に戻ってからは、おばあちゃんからお年玉としてもらった「スペースロボ7」という工作キットにはまってます。
ペンチでパーツを切り離し、後は接着剤不要で組み立てるだけなので、一見難しそうに見えましたが結構手軽に扱えるようです。
推奨年齢10歳以上とあったので、8歳(小2)の息子には少し難しいかと思いましたが、特に手伝うことなく一人でノリノリで組み立てていました。
一つ完成させれば後の6通りもあっさり組み替えてました。

・スペースロボ
・スペースステーション
・スペースシャトル
・宇宙飛行士
・スペースドッグ
・スペース探査機
・スペースミニカー

上記7通りに組みかえられますが、スペースロボが一番気に入ったようです。
動作はあくまでタイヤでしたが、ちゃんと歩行するように足も動いてなかなかのものです。
今までは車などの直線的な動きのものばかりだったので、やはり興味を引いたのでしょう。
ちなみに動力は太陽光充電ですが、乾電池からの充電も可能です。
クリスマスにレゴ熱上がっていましたが、しばらくはこちらに夢中になりそうです。

私は立体パズルかなぁ。
こっそりロディのパズルも買っていたので、頃合見て遊ぼうかなと思っています。
結局まだ自分で組み立てていない息子も、パンフレット見ては「次はこれがいい!」なんて言っていますが、スティッチを一人で仕上げられたらね、ということにしています。
私が遊びたいのですぐに買いたくなってしまいそうなのですが(^^)



  1. 2015/01/06(火) 04:40:54|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。