ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地図教室

150820_141710.jpg

150820_141743.jpg


日本地図センターの地図教室に参加してきました。
3、4年生対象に「3D富士山を作ってみよう!」と言うことで、ちょっと工作気分も味わいながら等高線図のお勉強といったところです。

最初の説明のところでは「なんだかつまらない」というような顔をしていましたが、実際手を動かし出すと楽しそうでした。
受付で最初に渡されたのがお惣菜などが入るプラスチック容器の皿と蓋。
持ち物に油性マジックやハサミがあったので、これは透明なプラスチックの蓋に等高線を写しとって切るのだろうと予想しましたが、それでは3Dとは言い難い・・・。
どうやるのだろうと思いながら作業を進めていくと、なるほど!と徐々にわかってきました。

下の皿は1枚なのに対して透明な蓋は10枚。
その蓋10枚は切ることなく、等高線図を1本ずつ写し取った物を重ね、最後に皿にはめるだけというシンプルなもの。
蓋は重ねただけでバラバラになってしまうのでセロハンテープで固定しますが、簡単なのになかなか見事に3D。
色分けして塗った等高線図も一番下の蓋に貼って、その上に9枚の等高線図を写し取った蓋という構造です。
9枚の蓋それぞれがずれることなく写し取れていれば、完成した後、真上から覗き込んだときにはぴったり色分け地図と重なって見事な出来となるはずです。

さすがにそこまでぴったり一致は出来ませんが、お手軽ながらもなかなか面白く、しかも等高線図を体感することが出来て、とてもいい企画だなと思いました。
下のお子さん連れの方もいらっしゃいましたが、これならお父さんやお母さんが手伝いながら横で一緒に進めて行けそうなので、その辺りもいいなと思いました。
「自由作品で持って行く」なんて声もチラホラ。

何をきっかけに見つけたのか忘れてしまいましたが、久々に楽しい体験物を見つけたなと満足感が大きい地図教室でした。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/20(木) 16:22:11|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三泊四日



息子が今朝、ボーイスカウトの舎営に出発しました。
息子がいるカブ隊は宿泊施設を利用しますが、ボーイ隊に上がると自分たちでテントを設営するようです。
合同の活動もあるようなのでそちらからの刺激ももらってくるのでしょう。

写真は前日準備で自宅で背負ったリュック姿ですが、はみ出すぎです(^^)
他にいつも使うハバザックというリュックもあります。
バス移動なので大きなリュックを背負って歩く距離はさほどないですが、前後に担いで張り切ってました。

こんなサイズのリュックがあるなんて知りませんでした。
両脇のファスナーを開けると更に容量アップする便利なつくりなので、帰りに少し膨らんでも大丈夫かも。

本人が荷造りと言うことで、手出しせず口だけだして見守りましたが、なかなかうまい具合に入れてました。
普段の引き出しはぐちゃぐちゃなのに、荷造りではキッチリできるのはやる気の差でしょうか?

洗濯ネットが程よく中身も見えて、いい小分け袋になり、キッチリのおかげでゆとりもあり一安心。
とはいえ、帰りもキッチリ畳んで入れるかは少し心配です。


息子はワクワクしすぎる自分を抑えようと、舎営まで残り一週間を切ると「あと一ヶ月ある(と思う)」「あと一週間ある(と思う)」と唱えるように呟き、昨日は「あと3日!」と言ってました。
去年あたりなら「明日は起きられるかな~!?」なんて大興奮していたところです。

穏やかにワクワクしながらも、今朝集合場所につくと緊張したのか挨拶もカチンコチンと固まって「そんなんで大丈夫?」と突っ込まれていました。

緊張した様子のままバスに乗り込み出発しましたが、道中気持ちがほぐれたら皆と楽しくやっていたかな、なんて思います。
順調にいっていれば、昼食すませて早速周辺散策から始まっているはずです。

思えばこれだけの期間、子供と離れるのは私も初めてです。
去年までならハラハラする気持ちが大きかったと思いますが、今年は楽しみな気持ちが大きいです。
でも学校行事だったら心配してたかも?
4日後の成長ぶりが楽しみです。
  1. 2015/08/13(木) 14:54:04|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。