ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

以前から体験してみたかった、ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました。


ダイアログ・イン・ザ・ダークとは、まっくらやみのエンターテイメント。

視覚障害者の方のサポートのもと、まっくらやみの中を探索し、様々なシーンを体験するというものです。


何も見えない世界はどんなふうに感じられるのだろう、と以前から思っていました。
身近に視覚障害を持つものがいることもあり、理解は無理でも体験してみたいとも。
このイベントがあると知った時は、少しでもその感覚に近づくことが出来るかな、といつかは参加してみようと思いながら、遠い場所での開催になかなか実現しませんでした。

引っ越したために今年の会場は自宅から40分程度。
父が仕事を終わらせいつもより早く帰ってきてくれ、お陰でたっくん任せてその日の最後の開催時間帯に参加することができました。


荷物を預け、白杖を持っていよいよまっくらやみの世界へ。
参加者8人とアテンド1人の合計9人で約90分の暗闇散策が始まりました。

目を開けても、閉じても、全く変わりのないまっくらやみ。
初めはドキドキしました。
でも、徐々に暗闇を歩いていくことに楽しさを覚えました。

手で触り、肌で感じ、耳で聞き、匂いを感じる。
いつもと違う感覚がだんだんと研ぎ澄まされていくような気がしました。

自分自身の感覚の世界だけでなく、その時一緒に散策して回った人達との触れ合いがまたいいものでした。
最初はぎこちなかった声の掛け合いも、徐々に打ち解け、お互いに相手を想いながら何があるかを教えあったり、そこから会話が弾んだり。

いろいろ紹介したい内容がありますが、実際体験してもらいたいことなのでここでは書きません。
でも、本当にいい体験でした。


暗闇探索を終えて、徐々に明るい所に行くと、何だか逆に戸惑うような感覚を覚え、ちょっと変な気分でした。



今回は、友人を一人誘って行ってきました。
その友人もこのイベントを気に入ってくれ、別の人を誘って体験してもらいたい、と言ってくれました。

もともとこのイベントを知って教えてくれた父は、後日同じく仕事上がりの最終時間帯を狙って行く予定です。


第1期(2009年3月20日(金)~6月22日)は予約いっぱいですが、第2期(7月4日(土)~)は長期開催を目指しているとのことです。
興味のある方は是非一度、何も見えないまっくらやみの空間を体験してみてみてください。
見えない世界でみえるもの、人との交流、とても素敵な体験が出来ると思います。


ダイアログ・イン・ザ・ダーク
見えない、が、見える。
ずっと、まっくらな中にいたくなる。


本当に、そんな体験が待っているかもしれません。



スポンサーサイト
  1. 2009/06/19(金) 06:14:43|
  2. おすすめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨の日のパン作り | ホーム | 3歳児健診>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kzmmiz.blog81.fc2.com/tb.php/520-571cac79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。