ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産回顧録

生後2日目


唐突ですが、今日は出産時を振り返ってみたいと思います。
はっきりいって何の区切りの日でもありません。
ダラダラ長いだけなので、お暇な方以外は読み飛ばしてくださいね。
自己満足の世界ですから。
今日に限らず、ですけれど





◇出産前日◇

里帰り出産で、予定日の1ヶ月半程前から実家に居候していた私。
出産予定日から約2週間前のこの日は旦那が顔を出していました。
産まれたら外食も当分いけないね~、なんて二人でランチを食べに行き、夜は私の父・母も交えて駅前の焼き鳥屋で乾杯(私は飲みませんでしたが)

初産は遅れがち、と聞いていたので、その夜に予兆が来るなんてこれっぽっちも思っていませんでした。


◇出産当日◇

午前1:40。
トイレに起きるとおしるしらしきものを発見。
さらに、陣痛というほどではまったくないけれど、10~15分おきにお腹が張ってくる。

朝方4時になり、不安のピークに達して母に泣きつく。
とりあえず病院へ電話してみると、まだ大丈夫だと思うので、様子をみて、朝8時半頃にもう一度連絡を、とのこと。
この間、旦那は焼き鳥屋の飲みが効いて、ぐっすりご就寝。

朝8時半。
入院準備をして病院へ。
偶然にも、ちょうどその頃、姉一家が来るということで、姉の旦那さんに送っていただく。(もちろん、旦那も一緒に。)

少々破水しているものの、子宮口はまだ1.5cmほどの開き。
モニターで30分ほど様子を見るものの、まだ入院の必要はなく、荷物だけ預けて、いったん帰宅。

その後も10分間隔で張りが続くものの変化はなかったが、午後になり徐々に痛みが増す。
旦那は隣で三線(さんしん;沖縄の三味線)を弾いて、気を紛らわせてくれる。

午後2時過ぎ、痛みは5分間隔になり病院へ。
子宮口はまだ2cm程度の開きだけれど、陣痛が始まりつつあるのでこのまま入院。
この病院では立会いはなしなので、ここで旦那も帰り、私は一人。
看護士さんがさすってくれたりはするものの、やはり少々心細い。
その後、痛みが強まるものの、子宮口はまだまだ開かず、ということで、ひたすら待つ。

夜9時過ぎくらい(もうこの頃ははっきりした時間は不明)
いよいよ分娩室へ。
しかしなかなか進行せず、分娩台の上でしばらく待機。
一度、よし行くぞ!となったものの、助産師さんがきて「まだよ~、もう少しがんばって!」とアッサリ引っ込まれる。
気分盛り上がったのに・・・。

夜10時過ぎ。
ようやく開始。
酸素マスクをつけ(無痛分娩です)、指示に従いいきむ。
つい声がでてしまったが、「声は出さずに、その分いきむのよ!」と叱咤が飛ぶ。
「吐いてー、吐いてー、・・・・・」
いつまで吐くの?もう吐けない!?と思った頃、やっと
「吸って、ハイッ吐いてー」
って吸う間がない。

でも、なんだかんだで午後10時43分、体重2642g、身長48.6cmの男の子が誕生
ボーっとしながらも泣き声が聞こえてきて、「あ、産まれたんだ」と実感。
胸の辺りに連れてきてくれ、この時は抱くというより触れる程度。
少しの間だけ隣に寝かせてくれる。
目をパッチリ開けて、差し出した指を右手で握り返してくれた。

この後も夜中の2時半頃、赤ちゃんを連れてきてくれ、少しの間隣に寝かせてくれた。
眠たげだったけれど、話しかけると耳を傾けてくれるかのよう。
そのうち眠ってしまう。
私は、といえば、疲れているのに興奮しているのかなかなか寝付けず。
一人暗い部屋の中で、この日のことをしっかり覚えておこう、と繰り返し思い出し、そのうちようやく眠りにつく。




長くなってしまいました。
でも、久しぶりに思い返してなんだか幸せ気分。

初めてのご対面で思ったことは
「間違いなく旦那がお父さんだ!」
「赤ちゃんてこんなに髪の毛生えて産まれてくるの!?」
の二つ。
ちなみに父親が違うなんてことはありえませんが、そう思うくらいそっくりだったんです。

初めて触れたときの肌の感触は今も忘れられません。
今のプリプリ・モチモチ肌とまた違いますよね。

その後、翌日の面会時間の9時過ぎに、旦那と母がきてくれ初対面。
二人ともやはり同じように思ったようです。
旦那も急遽休みを取り、数日残って病院へ通ってくれました。
産まれてすぐに会うことはまずないかと思っていたので、本当にいいタイミングでした。


それにしても、予定日より2週間も早まったのは、当分は外食とも縁遠くなるし、なんて、モリモリ食べたのがいけなかったのかしら・・・。
それとも、食べ過ぎたからとその後歩きすぎたからか・・・。

産道が狭かったので早く産まれてくれていい子だね、とか、お父さんが来ているときに産まれてくるなんていい子だね、なんていってもらいました。
ただでさえ嬉しいのに、最初にいい子だ、なんて言われたら嬉しさ倍増です。

最近寝つきが悪くなってきたのですが、今日は何だか幸せ気分で眠れそうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/12(木) 22:09:47|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<一子相伝 | ホーム | うなぎ飯>>

コメント

たっくん誕生秘話楽しく読ませていただきました♪
偶然にもご主人が滞在中に生まれてくるなんてたっくんおりこうさんだったんですねv-354
個人的には三線のシーンが笑えましたv-290
無痛分娩だったんですね。
詳しくないんで質問ですが陣痛の間も痛くないのかな??
それにしてもたっくん、生まれた時から髪がご立派!!
  1. 2007/07/13(金) 01:19:46 |
  2. URL |
  3. りえりん #-
  4. [ 編集 ]

v-22りえりんさん
だいぶ記憶は薄れましたが、ここでの無痛分娩はお産のときに軽い麻酔(注射・マスク)で痛みを半分程度に抑える、というもので、ちゃんと出産していることを実感できるもの、だったと思います。
半分程度ってどうやってわかるんでしょうねv-290
その半分程度の痛みももう忘れちゃいました。
普通分娩を体験していないからわからないけれど、痛みが軽くて、でも出産を実感できるというので、良かったですよ。

三線は妊婦中によく弾いたり聴いたりしていたせいか、産まれてから聞かせると泣き止んだり、寝付いたりしてくれました。
今、弾くと太鼓代わりに狙われて、落ち着いて弾くこと出来ませんが。

写真は生後2日目です。
おでこは広いけど、髪はしっかり生えてました。
そしてつむじは二つ。
  1. 2007/07/13(金) 06:23:05 |
  2. URL |
  3. ぐずみ。 #-
  4. [ 編集 ]

まだ1年前なのに息子の急激な成長で忘れてました!
たまに思い出すと育児も初心に戻れそうかもv-22

・・・ってことは予定日はうちより遅かったんですね?
うちは6月3日が12日に…。
予定は13日入院で促進剤投入の予定だったんですが
同じ誕生日がいいなぁとちょっと私も無理して歩いたり色々・・・

最近やれやれ…って思うことばかりですが
元気に生まれてきてくれて感謝!親孝行!ですよね。
生まれたときのことを思い返すのはいいかも。
毎月12日はうちもそういう日にしたいなぁ…。
  1. 2007/07/13(金) 08:26:53 |
  2. URL |
  3. やもり #I8hIktbU
  4. [ 編集 ]

v-22やもりさん
予定日が6月12日だったんですよ!
もしかしたら同じ誕生日になっていたかもしれませんでしたね。
本当に健康第一です。
元気に生まれてきてくれたことに感謝しないと。

このところ座卓にもよじ登るし、お茶を飲ませろ!と猛アピールするわりに遊んで口から出してこぼしてばかりだし、いろいろやんちゃが増えてきて、ついついイラッとしがちでした。
根気よく言い聞かせる、と聞きますが、根気持つだろうか・・・。
でも、生まれた頃を思い出していると、少し気持ちが落ち着いてきますね。
またすぐ怒ったりしちゃうんですけどねv-393
  1. 2007/07/13(金) 10:19:10 |
  2. URL |
  3. ぐずみ。 #-
  4. [ 編集 ]

誕生秘話読ませてもらいました~~★
無痛分娩だったんですね!!

ちなみにうちは6月9日予定でした☆
畑作業した次の日にぽろっと。

たっくんお父さんが来てくれてるときに出たかったのかな?
親孝行だね☆
  1. 2007/07/13(金) 10:35:28 |
  2. URL |
  3. ハッピー #-
  4. [ 編集 ]

v-22ハッピーさん
ぽろっと、ということは結構安産だったのでしょうか?
今度聞かせてください♪

思えばこの頃から父ちゃん大好きっ子だったのかしら・・・。
最近猛烈な父ちゃん大好きe-266っぷりを発揮していて、私はホントに泣きたくなるくらい。
私が抱っこすると、泣きながら身をよじって「父ちゃ~んe-330」とでも言うかのように両手を伸ばして旦那に抱っこをせがんでます。
私と二人きりの時にはこんなことないんですけどね。
  1. 2007/07/13(金) 10:50:47 |
  2. URL |
  3. ぐずみ。 #-
  4. [ 編集 ]

あ、回顧録だv-344
記憶が詳細ですごい~v-295
私もだんなさんの三線、おぉって思いました。
素敵なシーンですねv-352

産まれたての赤ちゃんの肌と匂いって
独特ですよね。
にしても、ほんとたっくんふさふさ~v-333
生後2日ってこんな微笑あったかしら。
  1. 2007/07/13(金) 14:28:44 |
  2. URL |
  3. ハルmom #-
  4. [ 編集 ]

v-22ハルmomさん
さすがに記憶も薄れていたので、久々に当時のノート見返しちゃいました。
でも、その前に思い返してみたら、私にしてはだいぶ覚えていたかも。

三線は石垣島に行ったときにハマッて帰ってきました。
弾いてると泡盛飲みたくなっちゃいますe-400

この頃ってほとんど寝てるし、笑うなんてないですよね。
ちょうど目を開けていたのでカメラを向けたら、偶然笑ったような顔になってましたe-266
  1. 2007/07/13(金) 19:56:12 |
  2. URL |
  3. ぐずみ。 #-
  4. [ 編集 ]

回顧録、私も書こう書こうと思いつつ、
のびのびになってます。
もう記憶も断片的に。。。。
痛みなんかまったく覚えていません。。
だから次も産もう!と思えるんでしょうね。
当時は結構痛かったはずなんですが。。。。

今のたっくんは生まれてすぐの面影はあるものの
やはり顔が違ってきてますね。
旦那さんのお顔を一度拝見したい!
  1. 2007/07/15(日) 00:21:40 |
  2. URL |
  3. sakuran #-
  4. [ 編集 ]

v-22sakuranさん
本当は1歳の誕生日に書こうと思ってたんですが、その頃に初の発熱なんかがあって、結局随分遅れてしまいました。
こうして振り返ると、いいことばかり思い出して、また産みたいな~v-343なんて思っちゃいますね。

顔はだんだん変わってきますが、それでも義父そっくりだったり、旦那方のおじさんやおばさんにそっくりだったり。
今はそれほど似てないかな。
それでもやっぱり9割以上お父さん似だね、といわれますv-14
  1. 2007/07/15(日) 00:34:11 |
  2. URL |
  3. ぐずみ。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kzmmiz.blog81.fc2.com/tb.php/90-0d425f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。