ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発表会に向けて

20140224.jpg

手をつけ始めてから完成が長かったですが、やっと完成しました。
3月のピアノ発表会に向けて、息子のスーツ一式です。

ジャケット : パターンレーベル、アンコンジャケット<130>
ベスト   : ichica、ベーシックベストキッズ<130>
シャツ   : パターンレーベル、キッズシャツ<130>
パンツ   : パターンレーベル、ストレートパンツ<130>

ベスト以外は何度か作ったパターンでしたが、最近ご無沙汰だったのでゆっくり慎重に進めました。
去年作ったベストは今1つ満足いかなかったのですが、今回はなかなか良い出来かなと満足しています。
実は生地は裏地も含めて私のかつて履いていたスカートです。(こちら

年齢上がったせいか、去年のようにすぐにホイホイ試着してくれませんでしたが、いざ着てみるとちょっと気分も上がったよう。
早速、ピアノを弾いてくれました。
弾いてる姿を見て振り返るのも良い練習と、久しぶりにビデオセットして練習風景を撮っていたら、演奏後、すました顔で席を立ち、観客席の方向に歩いていき、深くお辞儀もして締めくくってくれました。
久々に自分の演奏を聴いて「え~、こんなに下手だったの!?」と(^^;
最近ちょっと自画自賛気味でもあったので、少し客観的に見ることでまた気をつけるべきところ気付けたならいいなと思います。

若干袖が長いかな?と気になりましたが、弾いてみるとさほど邪魔でもないようですし、このまま行こうかと思います。
後は練習あるのみ。
少し前にいろいろあり自信喪失気味でしたが、最近ゆとりが出たおかげか「発表会、自信ついてきた。楽しみ!」まで言うようになりました。
勿論、素敵な演奏は楽しみですが、何より息子自身が楽しく弾いてくれること、これが一番だと思っています。
さて、私も足を引っ張らないように練習しなくては。
今年も連弾、一緒に挑戦します。
  1. 2015/02/25(水) 04:44:35|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルトナージュ

moblog_a44b9753.jpg

初めてカルトナージュで六角形の小箱を作ってみました。
以前、友人から教えてもらってやってみたいなと思ってはいたものの手付かずでいました。

やっと手をつけたのは、ラタン(籐)で六角の入れ物を作りたいということがきっかけです。
当初、「ラタンで六角形は無理」と思っていましたが、何とかそれっぽく作れました。
でも、底は六角形に見えるけれど縁の部分はどちらかというと円に仕上がってしまいます。
どうにかならないかなと思ったものの、既に作ってしまったこれも何とか強引に六角形にならないものかと考えた結果、「カルトナージュで六角形の蓋を作ったらどうだろう?」と思い立ちました。

いきなり作るのは不安だったので、いつものごとくキットから入りました。
やはりキットスタートは楽でいいです♪
細かいところを言うとやはり甘い部分はありますが、次に作るときの反省点として活かせそうです。

しばらく活用しきれていなかったタティングレースも使えて、久々の新しいジャンル開拓に満足です。
次はラタンの入れ物用にサイズアップして作ってみようと思います。
  1. 2015/01/09(金) 19:21:23|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベスト

141205_170734.jpg

3月に息子のピアノ発表会があります。
去年はスーツ一式作ってみたけれど、今年はどうしようかな~とダラダラ過ごして気付けば12月。
勿論、まだ時間はありますが、早い時期からエンジンかけておかないと、多分間に合わない私・・・。

とりあえず、という気持ちからベストを作ってみました。
パターンはichicaさんのベーシックベスト・キッズ130です。
なかなかこのサイズの男の子のベストの型紙が見つからなかったのですが、まさにベーシックなベスト、助かります。
去年作ったのは簡単だったけれど、もうちょっと・・・と思うところが幾つかあったのですが、この型紙はとても良かったです。

生地は私が昔着ていたスカート。
裏地も無駄なく使えてほぼ使いきれたのですが、見返し部分だけ足りずに別のこれまた私が昔着ていたスーツからちょっと使ってそこだけは継ぎはぎです。
でも、裏だし、わざわざ脱がないからいいかな、と。
ボタンも再利用なので、材料費はゼロ。
ボタンサイズがレシピより大き目のものだったので、4つボタンだったところを3つボタンにしました。

どうしても裏地の扱いが上手くできず、若干つれたりしていますが、表側はそれなりに見える仕上がりになったのでまあよしと満足しています。

ただ、手間取ったのは最後のボタンホール。
端切れの試し縫いでは出来たボタンホールが本番ではどうにも上手く出来ませんでした。
何度も解くうちに、これは手縫いした方が早いかもと切り替えて、そこからチクチク。
時間はかかりましたが、あのままミシンで格闘するよりは早かったと思います。
そして、結構嫌いでないこの手縫い作業。
黙々と行う作業、結構好きなので、なんだか刺繍や編み物をまたしたい気持ちが疼いてきました。

そんなわけでこの勢いでパンツとジャケットも手をつけるつもりだったのですが、つい横道それて編み物始めてしまいました・・・。
生地はあるのにな・・・。
でも、編み物も楽しい♪
  1. 2014/12/08(月) 08:53:45|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャツワンピ

moblog_714520ca.jpg

シャツワンピが完成しました。
パターンレーベルさんのシャツワンピ(Mサイズ)です。

身長157cm、小太りになりつつある今日この頃の私はMサイズでは腕ぱっつんになるのではという不安もありましたが、作ってみると結構大丈夫でした。
写真だと判り難いですが、細身のシルエットで程よくフィットし、でも背中のタックのおかげかこの手のシャツでありがちな腕の動きを妨げる(二の腕太すぎなだけですね)ようなこともなく、着ていてもストレスなく安心感があります。
市販のシャツはMサイズだと腕周りがきつい、でもLサイズにすると大きすぎ、なんてことが多いのですが、こちらは本当にスリムに見えながらゆとりもあるいいデザインだなと思いました。

首が詰まったのが苦手な私には嬉しいVネック。

カフス部分は多くの方が仰るように長いです。
商品説明のように家事のときにいいところで留まるようにボタンをしたまま捲り上げることは出来ませんでした。(やはり腕が太いから?)
基本、折り返して着用することになりそうです。
次作ではカフスの長さを調整してみようかと思います。

ポケットはなくてもいいかなと思いましたが、まずは今回は練習のつもりでもあったのでつけてみました。
ちょっとした時にポケットはやはり便利ですし。

実は秋口に活用したいと結構前に作ってほぼ完成状態だったのですが、ついつい面倒に感じてしまうボタンホールだけを残して放置してました。
ボタンがなかったというのもありますが、そのボタンを買ってからもついつい放置・・・。
始めるとさほど面倒でもないのですが、何故か躊躇うボタンホール。

ともかく何とか仕上がり早速試着し、下校してきた息子にお披露目。
以前から「後はボタンつけるだけなんだよ~」といい、ボタン買うときも付き合ってもらっていたので、「やっと出来たんだ!」の声が上がるのは当然だったでしょう(^^;

そして嬉しい事に褒めまくってくれました。

「いいよ!似合ってる!!」
うんうん、ありがとう♪

「毎日着てて」
嬉しいけど、毎日だとお洗濯がね・・・

「何だか恥ずかしい(>o<)」
え?それは褒めてる・・・の?

最後がよくわかりませんが、良い意味でのようです。
多分シャツスタイルはあまりないので見慣れなかったのでしょうが、恥ずかしいって(^^;

ともかく息子におだてられてホクホク。
今回はいかにもシャツな生地だったので、子供の学校に来て行くにもいいかなと思っていましたが、もう寒い季節になってしまったので、重ね着スタイルで活用したいと思います。
夏場のちょっとした羽織もの的に便利そうと、透け感のある薄手の生地も買ってあったのですが、季節が・・・。
そちらは寝かせておき、来年作ろうと思います。

ボタンホールにかかる前に、エンジンかけようと久々子供のエプロンも作っていました。
そちらはまた後日。
勢いで私のエプロンも新調したいのですが、最近面倒の虫がついて周り怪しいです。
いつになることやら。
  1. 2014/11/19(水) 03:26:51|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バザー

2014102710420000.jpg

先日、息子が通っていた幼稚園のバザーがありました。
既に息子は卒園していますが、母の集いの1つであるラタンはOBとして参加を続けています。
ここ数年、バザーに出店するようになり、私も昨年から参加させて頂いてます。
なかなか先輩方には追いつきませんし、ノルマのように感じてしまうと少々辛くもなりますが、何よりいろいろな刺激を受けながら、有意義に物作りができるというのが楽しいです。

年々、ディスプレイも進歩し、またバザーを訪れる人にも認知されるようになってきたこともあり、今年は随分じっくり手に取り見てくれる方が多くなったと思います。
そんな視線を感じ、必死に作ってばかりで誰かに買ってもらうという意識がまだまだ足りなかったと強く感じました。
来年はこの反省を活かし、量より質で行こうと心に刻み込みました。

今回は私が今使いたい大きめのカゴとかなり手抜きの小物などを出品しました。
先生は勿論ですが、生徒さんの中でも多くの方が素敵なバッグを出品されており、それぞれが個性ある作家の作品という印象で、あこがれます。
こんな形のものが、と自分で思いつけないところが想像力のなさを痛感します。
憧れるものの、まだ作ろうというところまで意欲を掻き立てることができずもどかしいところですが、ゆっくり自分が作りたいものを探し、いつか自分だけの一品、作れたら・・・と思っています。
  1. 2014/10/31(金) 09:50:34|
  2. ハンドメイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。