ぽかぽか日記

日常生活の出来事を中心に、気に入ったものなどを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三泊四日



息子が今朝、ボーイスカウトの舎営に出発しました。
息子がいるカブ隊は宿泊施設を利用しますが、ボーイ隊に上がると自分たちでテントを設営するようです。
合同の活動もあるようなのでそちらからの刺激ももらってくるのでしょう。

写真は前日準備で自宅で背負ったリュック姿ですが、はみ出すぎです(^^)
他にいつも使うハバザックというリュックもあります。
バス移動なので大きなリュックを背負って歩く距離はさほどないですが、前後に担いで張り切ってました。

こんなサイズのリュックがあるなんて知りませんでした。
両脇のファスナーを開けると更に容量アップする便利なつくりなので、帰りに少し膨らんでも大丈夫かも。

本人が荷造りと言うことで、手出しせず口だけだして見守りましたが、なかなかうまい具合に入れてました。
普段の引き出しはぐちゃぐちゃなのに、荷造りではキッチリできるのはやる気の差でしょうか?

洗濯ネットが程よく中身も見えて、いい小分け袋になり、キッチリのおかげでゆとりもあり一安心。
とはいえ、帰りもキッチリ畳んで入れるかは少し心配です。


息子はワクワクしすぎる自分を抑えようと、舎営まで残り一週間を切ると「あと一ヶ月ある(と思う)」「あと一週間ある(と思う)」と唱えるように呟き、昨日は「あと3日!」と言ってました。
去年あたりなら「明日は起きられるかな~!?」なんて大興奮していたところです。

穏やかにワクワクしながらも、今朝集合場所につくと緊張したのか挨拶もカチンコチンと固まって「そんなんで大丈夫?」と突っ込まれていました。

緊張した様子のままバスに乗り込み出発しましたが、道中気持ちがほぐれたら皆と楽しくやっていたかな、なんて思います。
順調にいっていれば、昼食すませて早速周辺散策から始まっているはずです。

思えばこれだけの期間、子供と離れるのは私も初めてです。
去年までならハラハラする気持ちが大きかったと思いますが、今年は楽しみな気持ちが大きいです。
でも学校行事だったら心配してたかも?
4日後の成長ぶりが楽しみです。
  1. 2015/08/13(木) 14:54:04|
  2. 携帯から
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブレイブボードタイム

先日、東京ドームで開催されたブレイブボードタイムなるものに息子が参加してきました。

ローラースケート場で、その日2時間だけブレイブボードのためだけに貸切になっており、初級、基本、中級のレッスンがあり、教えてもらったり、ゲームをしたりと楽しめる時間になっています。
以前見つけた時にはわざわざ行かなくてもなんて思っていましたが、最近身近で遊べる場所が減り、鬱憤ためていたのを見かねて申し込んでみました。

そこそこ滑れてはいるので初級はもういいかなと基本レッスンで申し込みました。
急遽私に予定が入ったので父任せで実際みていませんが、楽しく滑ってきたようです。
最後はチームわけしてリレー2回戦勝負。
嬉しいことに息子のチームが2連勝で最後まで楽しさ満載だったようです。

中級になると技も教えてもらえるようです。
「次も見つけたら申し込んでね!」とはまってくれましたが、不定期開催なのでうっかり見落としそう(^^;

私はスケート滑りたくなってきました。
プールじゃなくて、スケートリンクに連れ出してみるのも涼しくて良さそう♪
行き帰りは汗だくですが。
  1. 2015/07/29(水) 06:09:27|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盆踊り

150717_181204.jpg

一年ぶりに盆踊りに行ってきました。
息子が3年間お世話になった幼稚園があるお寺の境内が会場です。

小3ともなるともう浴衣は着ないよね、と去年の反応で最初から諦めていたら、予想外に「着るよ~」と。
軽いノリだったので肩透かしも覚悟で、でも適当に見つけて「ドラゴン柄」とか嫌だなと急遽作ることにしました。
急いで生地を探して、型紙起こして、早朝裁断して、日中必死にミシンがけして2日ほどで仕上げました。

私は給水係としてお手伝いで参加することになっていたので、息子はおばあちゃんにきてもらって一緒に回ってもらうことにしました。
出来上がった浴衣を写真で見せた時は「暗いわね~」でしたが、実際会ってみると「あら、良いじゃない」と。
おばあちゃん来てくれたことにテンション上がってましたが、いざ盆踊り会場につくと固まる息子。
懐かしい幼稚園の先生にあっても、カチンコチン。
お年頃もあるだろうけれど、幼稚園なんてもうはるか昔の記憶(もない?)だろうけれど、挨拶くらいはニッコリしようよ~。

その後、私はお手伝いでひたすらお茶を注いでいましたが、その間息子は立ち尽くしつつ、手踊りのみで参加していたようです(^^;
出店に行くと物凄い人混みで、食べたいものも見つからなかったよう。
私が手伝い終えて、もう寝ているだろうとそっと家に入ると、「眠れない~」とバランスボールに戯れている息子を発見。
おばあちゃんがあれこれ提案しても「いい」といいつつ、お腹空いて寝られなかったようです。
遠慮してたのでしょうか。

私が言っても「いらない」と言いつつも、すぐ出せる冷凍うどんを思い出し、出してみるとペロッと食べてました。
その後も布団でもテンション高く転がってましたが、背中をマッサージしてストンと落ちました。

今まで子供の部しかしっかり参加したこと無かったですが、今回はお手伝いしつつ大人の部をゆっくりみることができました。
やはり暗くなってくると雰囲気もますます出てきていいですね。
更に袈裟姿のお坊さんが櫓の上で踊るのが、お寺ならではでなかなか新鮮でした。
幼稚園の頃は3年間踊り倒したものの、この時間の踊りを見ることがなかったので、初めてでした。

来年もまた息子は固まるのか、そもそも来なくなってしまうのか。
  1. 2015/07/19(日) 04:51:09|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日、運動会、入団式

数日間で行事目白押しでした。


201505_02.jpg

9歳の誕生日を迎えました。
当日は平日で二人でお祝いもなんなので、週末の運動会後におじいちゃん・おばあちゃんも一緒の時にしようと普通に過ごしました。
でも、一応記念日なので、毎年恒例になりつつある手づくりハンバーガーでお祝い気分。
パンとハンバーグ焼いて、市販のピザソースであるもの挟むだけですが、なんだか楽しいです。


週末は運動会。
天気予報では、もしかしたら雨が?だったのが、曇りなら程よくていいね、に変わり、ともかく開催できそうと思っていたら、なんと当日は晴天。
それでも湿度が低かったのか日差しを良ければムッとむせ返る暑さもなかったのが救いでした。

3年生の競技は70m走、ダンス、棒引き。
70m走では初の1位ゴール。
ダンスは私たち世代には嬉しいマイケル・ジャクソンとABBA。
棒引きは残念ながら負けてしまいました。
総合で息子の白組は負けてしまいましたが、自分の競技は勿論、観戦中の様子などに成長が見られて、いい運動会でした。

運動会の後は、みんなで手巻き寿司で息子の誕生祝としました。
誕生日にこんな風にみんなでワイワイ食事と言うのは、こちらに越してきた時に姉一家が来てくれた時以来。
とても嬉しかったようです。
ケーキは最近はお楽しみ要素重視で作るのが定番になりつつありましたが、さすがに今年は運動会当日に作る余裕はありません。
久しぶりにお店で正統派のケーキを購入してみました。
風通しをよくしていたせいで、9本のろうそくの火がボウボウと燃え「ろうそくが溶け落ちる~!!」と主役が一番あたふたしていました。
慌てて窓を閉めたりバタバタしてしまいましたが、それもまた楽しかったです。
スポンジも軽く、クリームも甘さ控えめ(と言うかほとんど感じないくらい)で、お腹一杯の後でもアッサリ美味しくいただけました。

おじいちゃんとおばあちゃんが帰った後、お風呂でサッパリして早々に寝付こうとしたその時、ゆ~らゆ~ら揺れだし久々の大きめの地震にさすがの息子も飛び起きました。
おじいちゃん・おばあちゃんももう少しのところで電車が止りしばし足止めとなってしまい帰宅が随分遅くなってしまったようです。
朝早くから家を出て、日差し避けつつとはいえ炎天下の中応援し、もう少しでゆっくり休めるというところでまさかの事体。
もう少し早く切り上げていれば無事に自宅にたどり着けたのかと思うと悔やまれますが、せめて大きな事体にならずにすんで良かったです。


20150531_02.jpg

そして、慌しいですが運動会翌日はボーイスカウトの記念式典。
息子は途中入団だったので、その場で入団式もしてもらいました。
少し早めに行って段取りを教えてもらったもののやはり緊張したようです。
でも、なかなか様になっていました。
二本指を高々かざすのがカブサイン。
二本の指はやくそくとさだめを現すそうです。

その後、団の歴史を写真を交えて紹介してくれたり、ゲストによる富士章海外特別派遣制度の説明などがありました。
富士章とはベンチャースカウト年代(高校生年代)において最高位のスカウトに与えられる章ということで、まだ勉強不足の私には理解が足りてないと思いますがとにかく凄いのです。
大学3年生の派遣経験者の方が、自身の体験をまとめてわかりやすく説明してくれました。
その方はブラジル、ペルーなどを訪問し、その後もスウェーデンで開催されたジャンボリーにも参加されたそうです。
特にビーバー隊、カブ隊などの年齢が低い子供たちにもわかりやすく堅苦しくなく優しい口調で、その見事な進行の仕方に保護者たちも引き込まれました。
保護者は後ろの方に座っていましたが、運動会疲れでダレてるかな~と様子をみてみると、息子も引き込まれたようでしっかり聞き入ってました。
特別派遣はまた一段とハードル高そうですが、ジャンボリーという4年に一度開催されるキャンプ大会も国際交流の場でもあります。
体験談を聞いたことで今は「行ってみたい!」とやる気が沸いているようです。
まだ先のことですし、行けるのかもわかりませんが、これからもその気持ちを忘れずに是非挑戦していって欲しいです。

私は前日の運動会で昼食後の日差し強まる時間帯に受付担当があったせいか、後半頭がクラクラしてきましたが、帰宅して夕飯時まで一眠りし、一晩冷たい枕で寝たことでだいぶスッキリしたようです。
これからの季節、本当に気をつけないと・・・。
  1. 2015/06/01(月) 06:24:30|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘキサスロン

広報に載っていた「キッズ・ヘキサスロン」というものに申し込んでみました。
6つの陸上競技(25m走、ミニハードル、ミニ円盤投げ、ミニハンマー投げ、ミニロケット投げ、立ち幅跳びなど)で、投げる・走る・跳ぶの基礎を安全に体験できるプログラムということです。
週1回で全4回のコース。
1・2年生のクラスは結構な人数がいたようですが、3・4年生のクラスは参加者5名と少し少なめ。
その分、みっちり教えてもらえたかなとは思いますが、奇数のため人数合わせに入る先生の争奪がみられました。

思ったよりボールコントロールもできるようになってるな、なんてみていましたが、やはりちょっとしたコツなど習得するのが苦手なよう。
体力は有り余っているけれど、そういうコツをつかむところは時間がかかるタイプのようです。
ヘキサスロンは程よく楽しく、程よくいろいろな動きが学べて、いい機会だったかもと思いました。

1回目はロケット投げ、2回目はフリスビー投げがメインで、全般的にボールを使ったり、走ったりという感じで、最後はドッジボールで締めくくってました。
残り2回はどんな種目なのか楽しみです。

息子も「一ヶ月じゃなくて一年間あればいいのになあ」なんて、かなり気に入ったようです。

  1. 2015/05/20(水) 05:32:59|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。